FC2ブログ
 
■プロフィール

◉ 温泉呑んべえ

Author:◉ 温泉呑んべえ
at:東京・阿佐ヶ谷
favorite:温泉・酒・レトロ




▼リンク

どこにでもある風景
バーチャル神社

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

今年初遠征


今年初の遠征は錦糸町。

まずは駅から歩いて数分の「三四郎」へ。

渋い店内には白木で先っぽがとがったコの字型カウンター。
下町ハイボールでもつ焼きと煮込み豆腐。

120116-2.jpg

ええかんじである。

難点はつまみの味が全体的に薄くてぼやけていること。
自分の口にはあわない感じ。
おまけに熱燗の日本酒が甘口でもうだめだ。
雰囲気がいいだけに残念。

120116-3.jpg

お次はさらに歩いて5分くらいのところにある「太田屋」。
店内はこぎれいでありきたり。
でも、煮込みが激旨い。
しっかりとしたモツが味噌ベースで煮込まれていて、
食べごたえも味も十分。

120116-4.jpg

熱燗も菊正宗と日本盛も選べるので、
辛口好きには文句はない。
でも、店自体に雰囲気はない。

「三四郎」の店構えでつまみが「太田屋」だったらなあ、
などと勝手なことを妄想する酔っぱらい。

さて帰るか、今回はもうひとつだったなぁ、
などと駅に向かって歩いていると、
大通りに面しているのにいい感じに朽ちている店がある。
ちょうど客が出てきたので中を覗くと、ビンゴ!

120116-5.jpg

昔のこぎれいな大衆食堂が、
そのまま朽ち果てかけたかという感じの、
チープな昭和テイストの臭いがプンプンする。
向かい合ったカウンターには、
地元の常連さんが赤ら顔でホッピー瓶を並べている。
ああ、これこれ、この感じ、この雰囲気。

じゃあ、ホッピーね。
ここの店はホッピーと焼酎を冷やしている二冷で、
氷は入っていない。それをしめさばでいただく。
少々飲み過ぎだったので、
中の追加はなしで勘定。

「小松」かぁ、また来よう。
こんな店にいきなりあたるから、
酒場巡りはやめらんない。

外呑み | 23:28:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する