FC2ブログ
 
■プロフィール

◉ 温泉呑んべえ

Author:◉ 温泉呑んべえ
at:東京・阿佐ヶ谷
favorite:温泉・酒・レトロ




▼リンク

どこにでもある風景
バーチャル神社

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

イヤーンイヤーン
昨夜の晩酌は友人Uくんと、毎度おなじみ地元の「駒忠」で。
ビール一杯、熱燗たくさん、のち「あるぽらん」でエベスビール中瓶1本。
あては、空豆、イワシの刺身、手羽先、冷や奴。



駒忠は団体さんが座敷に入っていたが、その片隅に席を取る。
椅子席のほうにも団体さんがいて、
ひさびさに活気のある駒忠であった。

座敷の団体さんは高齢の方の集まりで、
10名近くいたのにめちゃめちゃ静か。
これが若者だと店を代えたくなるくらいうるさいだろう。
生命パワーの差というか、
若者のばやいは、あり余ったパワーを発散。
高齢になるとただ存在するのみにパワーを使っているといった感じである。

われわれはというと、そのパワーのほとんどを、
くだらないギャグとバカ話に使用。
おそらく一年分のおバカパワーを消費しただろう。
で、どんなことを話していたのかは、
あまりにも内容がないよう、なのでほとんど記憶にない。

覚えているのは「シメサバ倶楽部」と「イヤーンイヤーン倶楽部」が
発足したということくらい。

「シメサバ倶楽部」はシメサバの試食会を主として、
各人しめ技術の向上を日々鍛錬するというもの。
部長は自分。
「イヤーンイヤーン倶楽部」は故ルーキー新一氏の殿堂入りギャグ、
「イヤーンイヤーン」を小金井市の小学生に流行らせることが目的。
部長はUくん。

ということで、Uくんよろしくね。



外呑み | 08:40:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する