FC2ブログ
 
■プロフィール

◉ 温泉呑んべえ

Author:◉ 温泉呑んべえ
at:東京・阿佐ヶ谷
favorite:温泉・酒・レトロ




▼リンク

どこにでもある風景
バーチャル神社

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

歩いても歩いても


亀戸駅から歩いて10分ほどの「伊勢元酒場」へ。

カウンター10席ほどのこじんまりとした、
昭和の雰囲気200%の店。

常連率99.9%なのか、
自分以外の客3人とおかみさんが日常会話。
かなり浮いているようだが別にかまわしない。
こういう店ではよくあること。

下町ハイボール3杯を
煮込みと小鰭で。
店の雰囲気もつまみもすべてがいい店のオーラを出している。

帰り際に、またおいでよと声をかけてくれた、
客の元気なおばあちゃんがいい味をだしていたな。

二軒目は店のそばからバスで三ノ輪まで行って、
都営荒川線で庚申塚へ。
駅から徒歩2分くらいの「庚申酒場」。

でも、閉まっていた。
ここは不定休だからこんなこともある。
しかたがないので、歩いて明治通沿いにある「高木」へ。
あれれ、ここも閉まっている。
貼り紙には当分の間休みますとのこと。
何かあった?

しかたがないので、荒川線で王子駅前まで戻り、
JRでひと駅の東十条へ。
駅から歩いて7、8分の「よりみち」へ。
あれれれれ、ここも閉まっている。
定休日は水曜だったのか・・・

しかたがないので、駅の反対側の「さくま」へ。
中の電気はついているが、
暖簾と看板の電気が消えている。
もう店じまい??

なんと、4軒にふられふられて、
結局は店の前のタヌキに呼ばれて、
駅前の「杯一」という店に入る。
「杯一」といえば、池袋にあったグランドキャバレーの
名前と一緒だね。あの店はよかったなぁ。

121206-2.jpg

そのキャバレーとはまったく関係ないこの酒場。
どこの街にでもありそうな感じの居酒屋だけど、
新しめの造りとはいえコの字型のカウンターは下町テイスト。
おばちゃんと中国系のおねいさんが切り盛りしている。

ここも地元民御用達の店のようだが、
サラリーマンやおじさんのひとり客のほかに、
編集者と思われる3人組。
あとは、かなり酔って体が波打っているおじさんが
隣りにいる。

豆乳割3杯を、サバ味噌と卵焼きで。

豆乳割はかなり濃くて、しかも安もんの焼酎のようで、
けっこう利く。
そうこするうちに隣りのおじさんがはじけ出して、
わけのわからないギャグをリピート。

「おう、金だ、拾おうか(王、金田、広岡=往年の巨人軍選手)」
「電信柱が高いのはみんな俺のせいなのさ」
どちらも10回くらい連呼する。

おばちゃんは立腹のようすだったけれど、
自分はおかしくてしょうがない。
こういうのがあるから楽しいんだよね。

さて帰るか。
赤羽経由となるので、
せっかくだから下車して「まるよし」へ。

121206-3.jpg

閉店間際だったので、
下町ハイボール風のチューハイ1杯と野沢菜。

本日はよく歩き、よく呑んだ1日でした。


外呑み | 23:42:26 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
また桃源郷を巡ってきたのですね。
むかし「桃源郷には若者は住めない。」なんて聞いた事がありましたが
その通りだなぁと。
2012-12-06 木 23:31:00 | URL | MQ~ [編集]
それは桃源郷ではなくて、
老眼鏡では?
2012-12-07 金 19:06:50 | URL | aksisankaku [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する