FC2ブログ
 
■プロフィール

◉ 温泉呑んべえ

Author:◉ 温泉呑んべえ
at:東京・阿佐ヶ谷
favorite:温泉・酒・レトロ




▼リンク

どこにでもある風景
バーチャル神社

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

富山で温泉 3
一晩寝て回復。
鼾がかなり五月蝿かったようで恐縮。

121021-1.jpg

朝いちで宿のそばにある祖母谷地獄という、
野湯が湧き出ている河原へ。
湯船っぽいところがいくつもあるのだが、
泉温が80度以上あるので落ちたらえらいことになる。
川岸の大岩に温泉マークが描いてあって、そこが入浴ポイント。
ほとんど川の水で、そこに激熱の湯が注ぎこまれているので、
身体の大部分が冷たくて一部分がすごく熱い。
まあ、記念入浴といった感じでそうそうにひきあげる。

121021-7.jpg

朝も素朴な朝食だったが、これはこれで好み。

121021-2.jpg

朝食後は、欅平まで戻る途中にある「名剣温泉」へ立ち寄り。

121021-3.jpg

小ぶりの露天は少々熱めの湯。
渓谷沿いにあるが、お風呂に入るとまったく見えない。
湯上がりに生ビール、のち欅平駅まで戻り、
欅平温泉「猿飛山荘」でもうひと風呂。

121021-4.jpg

かけ流しなのはいいけれど、無粋な柵があって、
川沿いにあるのに風景は楽しめない。
名剣もここもお湯は祖母谷からの引き湯。
ここまできたら、温泉好きならがんばって歩いて、
祖母谷温泉まで行かなきゃ意味がないということだ。

湯上がりにラーメン&ビール。
レギュラー缶が500円と観光地価格。
奥の祖母谷が400円。名剣が420円。
近くなるほど高いってのはどういうこっちゃ?

121021-5.jpg

のち、トロッコ列車で宇奈月に戻る途中に「黒薙」で下車。
約20分アップダウンの小径を通り、
「黒薙温泉」へ立ち寄り。
河原に50人くらい入れそうなでっかい混浴露天があって、
そこでわらわらと風呂につかる。

宇奈月温泉に戻って解散。
最後にお仲間一人と共同湯の「温泉会館」でもうひと風呂。

121021-8.jpg

18時過ぎの電車で魚津に出て、
そこから「特急はくたか」で越後湯沢。
上越新幹線「MAX」の
窮屈な三連シートの真ん中にはさまって、
午後22時半に東京着。

23時過ぎに中央線各駅停車でようやく阿佐ヶ谷に帰還。
めちゃんこ楽しかったが、
かなり疲れて即爆睡となる。

温泉 | 23:28:05 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
お疲れ様でした。
イビキはうるさい人がいっぱい居ますから大丈夫ですよ。
そう言う私もですが…(笑)
本当に楽しい三日間でしたね。
でも楽しい事はあっという間に過ぎ去ってしまい、
また仕事三昧の日々に逆戻りです。
久々にあれだけ歩いたので足が痛いのが厄介ですが…(^^;)
2012-10-23 火 16:47:30 | URL | 温泉おやじ [編集]
温泉おやじさん
今回はダメージレベル3でした(マックス5)。
まじで温泉に入る度にやつれていく。
これは一体?
2012-10-24 水 21:53:04 | URL | alsisankaku [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する