FC2ブログ
 
■プロフィール

◉ 温泉呑んべえ

Author:◉ 温泉呑んべえ
at:東京・阿佐ヶ谷
favorite:温泉・酒・レトロ




▼リンク

どこにでもある風景
バーチャル神社

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

富山で温泉 2
121019-7.jpg

翌朝は、正しい日本の朝食を自炊でいただく。



チェックアウトして、まずは
日帰温泉施設「バーデン明日」でひと風呂。
かけ流しという話だったが、
循環併用に塩素バリバリでがっかり度高し。

121020-2.jpg

宇奈月温泉まで行き、
ここで今回の参加メンバー全員と集合。
トロッコ列車に乗り換えて、
風光明媚な風景を堪能しつつ約1時間ほどで鐘釣駅に到着。
15分ほど歩いて河原に降りると、そこは野湯天国。
掘れば温泉が出る河原には、
すでにええ塩梅な湯船ができていて、
約20名が即入浴。

121020-3.jpg

普段は見るだけの観光客が多く、
お湯に入っても足湯程度がほとんどなので、
入浴するのはなかなか勇気がいるけれど、
大勢で入ればそれがあたりまえのようになって、
目の前に極上の露天風呂があるのに入らない人が、
反対にバカに見えてくる。

121020-9.jpg

ひと風呂のあとは、
トロッコ列車で終点の欅平駅に進み、
そこから約50分歩いて「祖母谷(ばばだに)温泉」へ。

121020-4.jpg

山道はなだらかな昇りで、
途中、崖崩れの跡や踏み板が落ちた橋、
狭っくるるしいトンネルなどを通って、
さほど疲れることもなく到着。

121020-5.jpg

山小屋造りの素朴な宿には大きめの露天風呂があって、
少し熱めと自分好みのぬる目のかけ流しの湯に
まったりつかる。

121020-7.jpg

宴は山小屋ということもあって、
盛り上がりにかけるお弁当のような夕食だったが、
その分、二次会でしこたま呑もうとするも、
前日に呑みすぎたのか早めに沈没してしまう。

温泉 | 23:47:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する