FC2ブログ
 
■プロフィール

◉ 温泉呑んべえ

Author:◉ 温泉呑んべえ
at:東京・阿佐ヶ谷
favorite:温泉・酒・レトロ




▼リンク

どこにでもある風景
バーチャル神社

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

温泉 de 福島 その1


新幹線で新白河。
そこでレンタカーを借り、
北上して「新菊島温泉」。

男女別の入り口から入ると、
洗い場と3人くらいの湯船があって、
そのまま奥へと続く入り口をくぐると、
なんと、30人は入れるかというくらいのでっかい混浴の湯船。
湯口からはこれでもかというくらいのお湯が注がれ、
当たり前のように源泉かけ流し。
38、9℃のぬる湯はヌルツルで極上のモール泉。
平日昼間ということを差し引いても、
客がおっちゃん2人という激空きで、
のんびり長湯にはもってこいの超絶の穴場温泉を満喫。

121004-2.jpg

さらに北上して「月光大浴場」へ。
「月光クアハウス」という日帰り温泉施設の前にある、
地元民向きの銭湯テイストの温泉。
3人くらいで一杯の湯船には、
42、3℃の源泉が掛け流し。
きりっと身をひきしめて次へ向かう。

121004-3.jpg

田んぼのなかにぽつんとある「東北原温泉」。
こちらも3人くらいの小さめの湯船だが、
39℃くらいのぬる湯の源泉かけ流し。
少しぬめりのあるお湯はなかなかのもの。

121004-4.jpg

そのあと、高速にのりさらに北上。
土湯温泉から山間にダート道を入って「不動湯温泉」。

121004-5.jpg

不動湯温泉のお風呂は、男女別の内風呂と家族風呂に、
渓流沿いの露天がひとつ。
50段ほどある急な階段を下っていくと内風呂。
露天はそこからさらに外に出て20メートルほど下る。

3人くらいの石造りの湯船には、
40℃弱の源泉が掛け流されていて、
流れ落ちる川の音を聞きながらの湯浴みは、
さすがに気持ちいい。

121004-6.jpg

内風呂は38℃くらいと40℃くらいのふたつに仕切られていて、
ぬる目のほうで長湯して熱めで仕上げ湯。

今宵はここで宿泊なり。

温泉 | 23:44:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する