FC2ブログ
 
■プロフィール

◉ 温泉呑んべえ

Author:◉ 温泉呑んべえ
at:東京・阿佐ヶ谷
favorite:温泉・酒・レトロ




▼リンク

どこにでもある風景
バーチャル神社

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

サッカー裏解説
120612.jpg

サッカーW杯アジア最終予選「日本VSオーストラリア」。

結果は1対1の引き分けだったわけであるが、
この試合、腑に落ちない不可解な判定のあった試合でもある。
PKになった内田のファール。栗原の退場。
終了間際の日本のゴール前のフリーキックの無効。
実はこの試合、最初から引き分けがベストだった。
これは両チームの思惑でもなくもっと大きな思惑でもある。

サッカーはワールドワイドなスポーツ。
地球上ですべての国に認知され浸透しているスポーツは、
サッカー以外に存在しない。
野球? バスケ? テニス? ゴルフ?
そんなものは生活に余裕がある一部の裕福な国がなるスポーツ。
バレーボール? 何それ?
世界のほとんどの、特に経済的に貧しい国にとって、
スポーツはサッカーしかないのが実情だ。

そんな世界中で認知されているスポーツは、
金儲けの金づるとしては格好のアイテム。
まあ、誰でもできる陸上も世界中に浸透はしているが、
あれは金にならない。
巨額のマネーが動くのはやはりサッカー、
なかでもサッカーのW杯というのはその頂点ともいえる。
そういうわけで、W杯に出場する国というのは、
商売にならなくてはいけないのだ。

アジア予選のカテゴリーでは、
日本、韓国、オーストラリア、中国がそれにあたる。
このなかで中国に関しては力量的にあまりにもおそまつなので、
W杯の基準に達していない。
これを無理矢理出場させるにはまだまだなレベル。
日本もかつてはそうだったのだが、
20年前くらいからようやくそのレベルになったので、
今や日本はW杯の常連国としてリストアップされている。
反対にいえば、日本、韓国、オーストラリアは
W杯に出なくてはいけない国でもある。

出なくてはいけないというのは、
あくまで主催者サイドの思惑なのだが、
そのおかげかどうか、日本はフランスW杯から4大会楝連続出場。
本来ならフランスの前のアメリカから5大会連続だったのだが、
あのドーハの悲劇で自らふいにしてしまったわけで。

ひと昔前は、オイルマネーで中東の国も
その恩恵にあずかっていたのだけれど、
最近はその影響力も低くなってか、
前回のW杯では中東の国がゼロというていたらく。
次々回のW杯開催のカタールは、
自国開催の前に出場実績をつくりたいので、
なりふりかまわず金をばらまくかもしれないけれど、
今やW杯出場国のアジア枠は、
日本、韓国、オーストラリアが
マストになっているといってもいい。

ということで、今回のオーストラリア戦だが、
後半の途中から主審の判定がぶれだし、
相手監督もあれはファールじゃないと言うくらいの
不可解な判定のPKで同点引き分け。
これも2戦勝って勝ち点に余裕がある日本に対して、
初戦格下のオマーンに予想外に引き分けてしまった、
オーストラリアに対する調整的な意味合いが
あるからにほかならない。

フィギュアなどの採点競技はいうにおよばず、
スポーツの試合は審判のさじ加減である程度はコントロールできる。
特にサッカーは主審の判定が絶対であり、
且つ身びいきの判定があってもアウェーだからという理不尽な理由で、
何故かしら選手もファンも納得してしまうという点で作為がしやすい。
審判全員が露骨に試合をコントロールしているとはいわないが、
金で動く審判も少なくはない。
審判自体で食っていけない審判がほとんどなので、
それは言わない約束でしょ、おとっつぅあんの世界だ。

さらに、そういうさじ加減は、
なにも審判自身の判断だけでしているわけではない。
ここ最近のことではあるが、W杯の本大会では
主審、副審2名、第四の審判、
全員がインカムという無線でつながっていて、
これは、判定の正確さを求めるために
お互いに会話できるようにしているわけだが、
その会話が審判だけに限定されていると思うのは、
よっぽどのお人好しだろう。
例えば、ゲームプランをデレクションする人間がいたとして、
その人間がたえず審判に助言か指示を与えることは、
いともたやすい。

この試合にかぎっていえばインカムは存在しないのだが、
後半途中までは審判の裁量。
日本がリードしたあとから、いきなりそれまでの流れと
相反するようなオーストラリア寄りの判定が続出したのは、
あらかじめ指定されていた、とある筋の筋書きに
したがったとみなすと腑に落ちる。

まあ、来月開催のオリンピックも金儲けの最たるもの。
それに出場したいという選手たちは、
実際、世界の仕組みなんて何も考えないお人好しさんの集まりだし、
それに熱中にている人たちも同類。
スポーツ観戦にうつつをぬかしてる間に、
自分たちにとって死活問題の事案が、
いともたやすく決められていたりするから、
庶民のささやかな娯楽のひとつとして、
スポーツの勝敗に一喜一憂してもいいけれど、
本当に大切なことは見逃さないようにしたいものですな。

酔っぱらいの戯言 | 23:28:05 | トラックバック(1) | コメント(3)
コメント
こんなところにも陰謀が渦巻いていたとは....
2012-06-14 木 12:57:11 | URL | MQ~ [編集]
よくわからんので
AKB48に例えてくれ。
2012-06-14 木 18:03:55 | URL | 謎の提督ウッティさん [編集]
MQ〜さん
陰毛は隠して当然です。

謎の提督ウッティさん
CDの握手券をたくさん買ってくれる国が、
W杯の出場国になる、てことです。
ただし、AKBは人気がないとダメ=サッカーは実力がないと資格がない。
で、総選挙(W杯予選)はシナリオ通り(人気があって金儲けになる女の子=実力があって金儲けになる国)ってわけ。

2012-06-14 木 23:45:18 | URL | akaisankaku [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

まとめtyaiました【サッカー裏解説】
サッカーW杯アジア最終予選「日本VSオーストラリア」。結果は1対1の引き分けだったわけであるが、この試合、腑に落ちない不可解な判定のあった試合でもある。PKになった内田のファ
2012-06-18 Mon 23:44:14 | まとめwoネタ速neo