FC2ブログ
 
■プロフィール

◉ 温泉呑んべえ

Author:◉ 温泉呑んべえ
at:東京・阿佐ヶ谷
favorite:温泉・酒・レトロ




▼リンク

どこにでもある風景
バーチャル神社

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

この1秒が


motoGP第4戦フランス。

雨のレースで転倒者続出。
moto3クラスで三分の二、moto2クラスで半分、
motoGPクラスで数台がすッ転んだ。

けが人が出なくて幸いだったが、
バイクのレーサーというのは生傷がたえなく、
指の骨が少々折れようが、
足の骨が少々欠けようが、
次のレースに痛み止めを打って出場したりする。
優勝したライダーがバイクから自力で降りられなくて、
かかえてられてバイクから降ろされているシーンも珍しくはない。

レースコースで転ぶと、
大抵それはコーナリングの途中なので、
だいたい時速は100キロ台が多いが、
場合によっては時速200キロ以上出ている場合もある。
それでもほとんどのライダーが、
歩いてピットまで戻れる程度のダメージしかおわないのは、
コースから壁や障害物までかなりの距離があって、
例えコース上で転倒しても、
そのまま滑っていって何かにぶつかることなく
身体が静止するからだ。

鈴鹿サーキットは2003年の加藤大二郎の事故から、
危険という理由でグランプリが開催されなくなったけれど、
あそこはF1優先で二輪の安全対策はあまりなされておらず、
事故が起こったシケインもコースわきに障害物があって、
以前から危険が指摘されていた場所だった。
バイクの挙動が乱れてほうりだされた大二郎も
コースわきの支柱に激突さえしなければ、
歩いてピットまで戻っていたことだろう。

あと、危ないのはコース上に投げ出されて後続車に轢かれること。
バイクのスピードが出ているので、
たいていはバイクもライダーもコース外まで滑っていってしまうのだが、
なかには、カーブを突っ切ってコースに戻ってきてしまったり、
身体が上に放り出されてコース上に叩きつけられる場合もある。
その場合、後続のライダーはさすがにグランプリライダーだけあって、
紙一重でよけていってくれるのだが、
これもスピードが半端なく出ているのでタイミングが悪ければ
よけることもままならないときがある。

2010年の富沢翔也は、
転倒しかけたバイクを反射的に立て直そうとして身体だけコース上に落ち、
真後ろにいた2台のバイクは避けきれず衝突。
もし、レーサーの反射神経でバイクを立て直そうとしなければ、
バイクもろともそのままコース外に滑っていって、
打撲程度ですんでいたことだろう。

昨年のシモンチェリーは、
転倒したバイクがそのままコース外に滑っていかずに、
バイクと一緒にコースに戻ってきてしまい後続の2台と衝突。
本来ならこれもコース外に滑っていき、
たいした怪我にもならなかったはずだが、
タイヤが路面にいきなりグリップしたせいでバイクがコース内に向きをかえ、
後続のバイクに引き寄せられるようにぶつかっていった。

かすり傷と最悪の事態と命運は、
このタイミングでさえなければという、
それこそ0コンマ何秒という差でがわかれている。
0コンマ何秒少し転倒するのが早かったり遅かったりすれば、
それだけで後続車に轢かれたり、
支柱に激突したりはしなかったかもしれない。

先日の関越で起こったバスの事故も、
衝突があと数秒早いか遅いかで、
防音壁の境目に突っ込むこともなく、
あそこまでの大惨事にならなかったかもしれない。

事故という事故は、起こるべきタイミングがあるから起こる。
例えばそれが1秒の違いだったとしても。
この瞬間過ぎて行くこの1秒が生死の境目でもあったとしても、
それは人の意思や判断は入り込めないくらいの瞬間であり、
仮にそこに意思をこめられたとしても、
それが吉とでるか凶とでるかは神のみぞ知る。

そう考えれば、
これは何も1秒とかそういった短い瞬間のことだけではない。
もっと長い時間、1分、1時間、1日、1年。
そこにどういう意思を込めようが、結果は千差万別。
すべては自分の意志とは別のものに左右されている。
つまり、運ちゅうもんが、
すべてを取り仕切っていると考えた方がすんなりいく。
そう考えると、あの時ああしとけば、
なんてことは成り立たない。
ああしとこうが、こうしとこうが、こうなったのだ。

原因があって結果があるわけではなく、
結果があって原因がある。
もしくは、原因と結果は表裏一体。

そう考えなきゃ、こんな世界、やってられまへん。

とある日々 | 23:54:56 | トラックバック(1) | コメント(2)
コメント
近所のお爺さん(鬼籍@三回招集くらって三回とも最前線)が言ってた

>生きてるっていうのは運のいいことで、死ぬ時は必ず死ぬ。
>どんなことがあっても生き延びるヤツは生き延びるし
>死ぬヤツはどんなにやっても死ぬ。

を思い出しました。




2012-05-21 月 19:21:26 | URL | MQ~ [編集]
MQ~さん

人生は「生きる」というよりも、
「生かされている」というほうが正しいのかも。
かといって、長く生きることに意味があるのか?
何か使命があるのか?と問えば、
そんなたいそうなこともなかったりするわけで。
短命の人と長寿の人の違いは何なんでしょうね?
2012-05-22 火 12:37:44 | URL | akaisankaku [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

まとめtyaiました【この1秒が】
motoGP第4戦フランス。雨のレースで転倒者続出。moto3クラスで三分の二、moto2クラスで半分、motoGPクラスで数台がすッ転んだ。けが人が出なくて幸いだったが、バイクのレーサーというの
2012-05-21 Mon 17:21:07 | まとめwoネタ速neo