FC2ブログ
 
■プロフィール

◉ 温泉呑んべえ

Author:◉ 温泉呑んべえ
at:東京・阿佐ヶ谷
favorite:温泉・酒・レトロ




▼リンク

どこにでもある風景
バーチャル神社

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

酒人生の岐路
120501.jpg

新宿思い出横丁。

思えば先週の水曜日、
ここ思い出横丁の「つるかめ食堂」でレモンハイを一杯呑んでから、
アルコール類は一滴も口にしていない。
休肝日は本日で連続6日目。
こんなに酒をぬいたのはいつからだろうか?
もはや記憶にすらない。

家系的に酒呑みの筋。
じいさんも親父も大酒呑みというよりも単純に酒が好きで、
けっして暴れたり青くなったりもせず、
くだもまかずに毎日毎日陽気に呑んでいたし、
酒が元で身体を壊すこともなかった。

その血筋をまっとうに受け継いでいるので、
毎日呑もうがまったくヘッチャラ。
今までも調子が悪い日があっても、
一杯呑んでから呑める呑めないの判断をしていたし、
よほど体調が悪くてまったく呑まない日があったとしても、
せいぜい一日がいいとこだった。
ところが今回は、「つるかめ」で呑んでいるときに
今日はこれ以上呑めないと思い、
部屋に戻るやいなやそのまま寝込んでしまったのだが、
それ以来呑む気がまったくしない日が続く。

風邪自体はすでにピークを過ぎ熱も平熱で完全に安定したし、
あとは咳が止まらないだけ。
ようやく昨夜は「麦門冬湯」が効いたのか、
咳き込んで目が覚めたのは2回くらいだったが、
呑むと喉が乾燥して余計に咳が止まらなくなるのは目に見えているので、
呑みを再開するのはどうしても及び腰になってしまっている。
なんせ、熟睡できない日が続いているからね。

さて、あさっての夕方に仕事の打ち合わせがあって、
そのあと軽く呑む約束をしていたので、
そこが今後の酒人生の岐路となる。

またまた、毎日呑んだくれの日々に戻るのか?
それとも・・・

とある日々 | 19:55:00 | トラックバック(0) | コメント(3)
コメント
仙人の領域に一歩近づいたのかも???
2012-05-01 火 22:00:12 | URL | MQ~ [編集]
東京のこういった横町の飲屋街はやはりいい雰囲気ですね。
名古屋にはこういった所が殆どないので羨ましいです。
2年ぶりに呑む酒は、胃にキュー!っときます。
五臓六腑に染み渡ると言いますが、久々のアルコール分を内蔵が吸収しようと
急に活動を始めたような感覚…まぁ2年ぶりの酒は旨かったということですv-290
今でも殆ど呑まないので(呑んだのは姥湯、鉄の時、西山温泉の3回)毎回、キュー!とは
なりますが…(笑)


2012-05-02 水 10:04:03 | URL | 温泉おやじ [編集]
温泉おやじさん
名古屋は戦後の再開発が半端じゃないですもんね。
東京は闇市の名残の一角がまだまだ残っています。
都市開発という名の下に、無害で無機質な風景に置き換わる前に
機会があれば訪れてみてください。

MQ~さん
「考えるな、感じよ(byブルース・リー)」の境地です。
2012-05-03 木 08:53:47 | URL | akaisankaku [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する