FC2ブログ
 
■プロフィール

◉ 温泉呑んべえ

Author:◉ 温泉呑んべえ
at:東京・阿佐ヶ谷
favorite:温泉・酒・レトロ




▼リンク

どこにでもある風景
バーチャル神社

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

自炊温泉の旅三日目


翌日は、朝一番で奈良田温泉「白根館」。
ここには何回も来ているけれど、
正真正銘のいい湯です。行けばわかる。

120417-2.jpg

お次は、昨年宿泊した西山温泉「蓬莱館」。
そのときは、宿にいる間は飯と寝る以外、
ほとんどお風呂で過ごしたくらい、
あっさりとしたぬる湯で長湯ができる混浴内風呂。
すぐ前におっきな旅館が出来てから湯量も泉質も劣化したそうだが、
まだまだいけます。

120417-3.jpg

お次は、十谷温泉「源氏の湯」。
ここは、15年くらい前に泊まりがけで行こうとしたが、
中央高速で愛車ビートルが煙をはいて、
結局たどり着けなかった温泉。
吊り橋を渡っていく混浴露天風呂は渓流沿いにあって気持ちいい。
25度そこそこの源泉浴槽が効くーぅ。

120417-4.jpg

お次は、高台にある「みはらしの丘みたまの湯・のっぷいの館」。
甲府市内が一望に見渡せるロケーションが人気で、
平日なのに大勢の人で賑わっている。
開放的な露天風呂は、誠に気持ちいい。
ただ、循環で塩素臭がきついのでのんびりはできない。
ここはお湯を楽しむというよりは、
風呂に入りながら風景を楽しむところ。

120417-5.jpg

お次は、甲府市内に戻って「鏡温泉」。
前々から気になっていた湯で、俗にいう温泉銭湯。
まだ夕方前なので誰もいない。
源泉そのままの25度くらいの小さめの浴槽には、
打たせ湯方式で湯がどばどば落ちてきて、
かなりの気持ちよさ。
加熱された浴槽も熱すぎなくいい加減。
何と行ってもレトロな雰囲気が抜群の、
哀愁寂れ系好きにとっては胸きゅん温泉だ。

のち、中央高速で東京まで戻り、
駅前で一杯ひっかけて帰宅。

温泉 | 23:43:53 | トラックバック(1) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

まとめteみた.【自炊温泉の旅三日目】
翌日は、朝一番で奈良田温泉「白根館」。ここには何回も来ているけれどいい湯です。行けばわかる。お次は、昨年宿泊した西山温泉「蓬莱館」。そのときは、宿にいる間は飯と寝る以外...
2012-04-19 Thu 11:56:22 | まとめwoネタ速suru