FC2ブログ
 
■プロフィール

◉ 温泉呑んべえ

Author:◉ 温泉呑んべえ
at:東京・阿佐ヶ谷
favorite:温泉・酒・レトロ




▼リンク

どこにでもある風景
バーチャル神社

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

自炊温泉の旅一日目
某温泉の会のイベントで長野へ。



まずは、松代にある加賀井温泉「一陽館」へ。
激渋の湯船に、緑がかった茶色の湯がかけ流し。
おまけにぬる湯ときたら、もう言葉はいらない。

120415-2.jpg

お次は、「千古温泉」。
こじんまりした湯船に、
ぬるくて透明のまったりした湯がかけ流されている。
昼下がりのとろみのひと時。

120415-3.jpg

お次は、大塩温泉「大塩温泉館」。
公民館の建物にあって、
午後3時の開館と同時に地元のおばちゃんが車で横づけ。
まさしく地元民のための共同湯。
小さな湯船にちょこっとだけ熱めの湯がかけ流され、
それが大きな湯船に注がれて、
ぬる湯となって満たされている。

120415-6.jpg

お次は、鹿教湯温泉の共同浴場「町高梨共同浴場」。
もうね。この外観。言うことなし。
熱いお湯で、ぬる湯に馴染んだ身がきりっとしますぜ。

120415-5.jpg

お次は、鹿教湯温泉「河鹿荘」。
川沿いにある露天風呂は混浴が気持ちいい。
あけっぴろげのおねえさんとおにいさんが、
二人の世界を形成していたので、
そうそうにひきあげる。

120415-4.jpg

で、鹿教湯温泉「河鹿荘」の自炊専門楝「別館」に宿泊。
家族風呂にもできるこじんまりとした湯に浸かり、
夜は当然自炊。
なんちゃって鍋をつつきながら酒がすすむ君。

温泉 | 23:06:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する