FC2ブログ
 
■プロフィール

◉ 温泉呑んべえ

Author:◉ 温泉呑んべえ
at:東京・阿佐ヶ谷
favorite:温泉・酒・レトロ




▼リンク

どこにでもある風景
バーチャル神社

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

プチお花見ツアー at 京都
せっかく京都にいて櫻が咲いているのだからと、
花見にでかける。



まずは、バス停「大将軍」から
歩いて10分くらいのところにある「立本寺」。
境内を櫻が覆い隠すように咲き誇っている。
NHKの地方局かなんかが取材にきていて、
ばあさんを捕まえて絵を録っていた。
ばあちゃん、放映されるといいね。
人がわんさかいく有名スポットにない、
ごくごく自然体の花見。

120410-2.jpg

お次は北に10分くらい上がったところにある「千本釈迦堂(大報恩寺)」。
「おかめのさくら」という、しだれ櫻が壮観。
1本必見の花見。

120410-3.jpg

お次は千本通りを横断して。
つらつら15分くらい歩いて「本隆寺」。
櫻の木の数は少なめだけど、
立派な大木が満開に咲き誇っている。
人もほとんどいなくて静寂の花見。

120410-4.jpg

お次は、すぐ裏にある「雨宝院」。
ここはソメイヨシノが散るころから咲く櫻の名所。
本堂前の八重桜は「歓喜桜」という品種。
まだ5分咲きにも満たないけれど、
侘び寂びの花見。

120410-5.jpg

お次は、5、6分歩いて「妙蓮寺」。
本堂が修復中。真っ白で無粋な囲いに覆われていて、
雰囲気まるでなし。
そうそうに引き上げ、これにてプチお花見ツアー at 京都は終了。
まだまだ近くに歩いてまわれる見所はあったけれど、
観光客じゃないのでよくばってもねぇ。
すべて拝観料なしの徒歩散策なので、散歩みたいなもの。

櫻を見にいくのか、人ごみを見にいくのかわからないのが、
京都の花見の印象だけど、
こういう地味な寺で見る櫻は、
目から鱗くらいの良さでありました。

とある日々 | 23:10:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する