FC2ブログ
 
■プロフィール

◉ 温泉呑んべえ

Author:◉ 温泉呑んべえ
at:東京・阿佐ヶ谷
favorite:温泉・酒・レトロ




▼リンク

どこにでもある風景
バーチャル神社

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

鉄板ハンバーグ


墓参りの帰りに、
地元の駅前にある食事処でハンバーグ。

この店が新装開店した子どものころ、
ここでたまに親父と一緒にハンバーグを外食した。
そのころは鉄板で出てくるハンバーグが珍しかったので、
目を丸くしながらほうばった。
そして、このうえなく旨かった。

うちの親父は少食なうえに偏食で、
いつも豆腐ばっか食べていた印象しかなく、
家族で外食に行くこともほとんどなかったが、
たまにだが、ハンバーグやお好み焼きを食べに連れてくれたので、
ハンバーグは大好物のひとつだったにちがいない。

そんな親父の墓参りの帰りに、
かつて一緒に食べたハンバーグを注文してみた。

店内は別の店のように変わってしまっていたし、
ハンバーグにも余計な付け合わせや副食がついていたり、
ナイフとフォークではなく箸で、
お皿に盛られたライスではなく、
和風のおひつに入ったご飯というように、
当時食べたものとは、かなり見た目がかけ離れてしまっていたが、
ハンバーグが、形は違うけれど
鉄板の上にのっていることだけは変わらなかったので、
それを見て安心したし、うれしくもあった。

ただし、昔はジュウジュウいいながら運ばれてきた鉄板は、
もうしわけない程度に温められているだけで、
この上でハンバーグを焼いたというよりは、
お皿代りに鉄板を使ってますよ、みたいな感じだったし、
かつて、こんなに美味しいハンバーグはないというくらいに感動した味も、
今やその面影さえもないほど、ありきたりなものだった。

でもいいんだ。
今日ここでハンバーグを食べたという事実だけで満足だから。
それにしても、あのころの親父の年齢が、
今の自分よりも若かったなんてね・・・
この店でハンバーグ食いながらビール呑んでる自分がいるなんて、
それも不思議。

とある日々 | 23:07:28 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
人生の色んな思いが詰まったお話ですね。
2012-04-11 水 16:20:54 | URL | MQ~ [編集]
一杯のかけ蕎麦ならぬ、
一皿のハンバーグです。
2012-04-11 水 17:17:25 | URL | akaisankaku [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する