FC2ブログ
 
■プロフィール

◉ 温泉呑んべえ

Author:◉ 温泉呑んべえ
at:東京・阿佐ヶ谷
favorite:温泉・酒・レトロ




▼リンク

どこにでもある風景
バーチャル神社

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

シルクエビス
昨夜の晩酌は、仕事で帰宅が遅くなったので、
のり弁当とビール(シルクエビス350ml)。



シルクエビスは、
以前限定発売されていた琥珀エビスと同じく、
エビスビールの姉妹品。
3月5日発売の期間限定商品で、
しばしの間しか呑めないビールなのだ。



限定という言葉に弱いゆえ、
ついつい手を出してしまったのだが、このシルクエビス。
3日前にすでに友人宅で試飲済みで、はっきりいって旨くない。
ビールのなかで一番マズいと思っている、スーパドライと同じ味がする。

スーパードライは、
呑み屋でビールを頼んでそれが出て来たときには、ちゃぶ台ならぬ、
テーブルをひっくり返したい気持ちになるくらい大大大嫌い。
というか、ビールのくせにビールの味がしないのだから、
自分のなかではビールとは認めていない。
スーパドライは喉越しの爽やか感だけを追求した飲み物。
ビール本来が持つ、こくと味わいなどありゃしない。
スーパドライはビールではない。
スーパドライはスーパドライという飲み物なのだ。

それに対してエビスビールは昔からビール本来の味を売りにしてきたはず。
それなのに、シルク エ・ビ・ス???
何故にこの爽やかオンリーのビールに、エビスの冠をつけたのか? 
で、そんだけ不味いと思っているのに、
何故にそのビールをまた買ったのか?

それは、缶のデザインとネーミングが、やけに旨そうなんだな。
キャッチコピーも「絹のような、なめらかな口当たり」。
ほう、エビスのようにこくがあって、
しかもそれがクリーミーで、泡まで繊細で味わいのあるビール!
この前呑んでマズかったのは、たまたまその時の舌の具合がおかしかったに違いない。
もう一度呑んでみれば、きっと旨いはず。
などと、思わせてくれるほど、いい感じなのだ。

ああ、だまされた。
前にここで、あらゆるものの中身と外身が
シンクロしなくなってきた、と書いたけれど、
まさしくそれ。

シルクエビスよ。
You are anything but Yebis !



| 11:14:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する