FC2ブログ
 
■プロフィール

◉ 温泉呑んべえ

Author:◉ 温泉呑んべえ
at:東京・阿佐ヶ谷
favorite:温泉・酒・レトロ




▼リンク

どこにでもある風景
バーチャル神社

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

最悪だけど最良


マイミクさんと下町界隈へ呑みに。

体調がすぐれないが気合いを入れて、
まずは山谷にある「大林酒場」。
がんこな親父の切り盛りする正真正銘の昭和酒場で、
午後3時に店の前に着くと、
ちょうど親父さんが暖簾を出しているところ。
もうやってますか?との問いかけも、
まるで聞こえていないかのように暖簾をあげると
扉を閉めて店の中に入っていく。
で、追いかけるように入店。
この客にまったく媚びないスタンスがまたいいのである。

店内は相変わらずの激渋。いるだけで心地よい。
あいにく体調不良とあって酎ハイハイボール2杯で切り上げ次へ。
正午からやっている「丸千葉」の前を通り、
押上の「大黒屋」に向かう。
行程は約3キロ。

途中にあった激渋の洋食屋「大木屋」が気にはなったが、
歩いて30分の道をiPhoneの地図案内に従って押上へ進む。
途中、隅田川を渡る橋の上からは、
浅草方面に極上の夕焼けが見え体調も和むも、
目的地付記になっても店が見当たらない。おかしいぞこれは。
迷っているうちに駅が見えてきて、なんとそこは曳舟。
何故なんだぁ? iPhoneの地図案内を過信しすぎた?

まぁ、曳舟にもエエ感じの酒場はあるのだが、
日曜日はやっていないし、
いっそのこと一之江まで足をのばし「カネス酒場」へ行くことに。
ところが、乗った電車を間違え再び曳舟に戻りしきり直し。
この辺りから体調は最悪となり、
カネス酒場にたどり着いたときは、ほとんどぬけがら状態に。

それでもカネス酒場は相変わらずの渋さ満点で、
店のおばあちゃんの笑顔に助けられつつ、
素朴なワンタンメンをあてに酎ハイハイボールを2杯。

「大林酒場」と「カネス酒場」。
体調は最悪だったけれど、
自分の東京下町酒場マイベスト5に入る店をはしごして、
満足して帰路に。

帰宅後、衰弱した動物のようにひたすら寝る。

外呑み | 23:15:46 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
昨日は体調が良くなく
また寒いなか
どうもありがとうございました。

残りの三軒が非常に気になりマッスル。
2011-12-06 火 00:31:56 | URL | MQ~ [編集]
MQ~さん
残り三軒のうち1軒は日曜営業ですんで、そのうちに。
なんて言っていると、今にもなくなりそうな店ですけどね。
2011-12-06 火 11:39:42 | URL | akaisankaku [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する