FC2ブログ
 
■プロフィール

◉ 温泉呑んべえ

Author:◉ 温泉呑んべえ
at:東京・阿佐ヶ谷
favorite:温泉・酒・レトロ




▼リンク

どこにでもある風景
バーチャル神社

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ホークス


呑み屋のテレビで日本シリーズをやっていた。

客のほとんどが注目しておらず、
時代の流れを感じる。
呑み終了で自室に戻り、引き続き野球観戦。
今夜が第7戦で、結果SBが優勝した。

SBの前進は南海ホークスで、
大阪難波の大阪球場が本拠地。
親父が生粋のホークスファンだったので、
よく観戦に連れていってもらった。

当時の子どもたちにとって絶対的な人気は巨人、
もしくは関西なので阪神だ。
それに対して地味で人気のないパーリーグ。
昭和の時代のパーリーグの試合は閑古鳥が鳴いていて、
観客数2000人程度がざら。
自分も一時期、阪神が好きだったこともあったが、
いつもガラガラのすり鉢状の大阪球場で、
ホークスの試合を観ているうちに、
地味だけど渋いホークスが好きになり、
いつのまにかホークスファンになっていた。

そのころのパリーグは、
人気のセリーグに対して実力のパとといわれていたが、
実際、絶対的人気の巨人の試合がないので観客数は雲泥の差。
もっとも人気のなかったロッテの本拠地川崎球場でのナイターでは、
人の姿がまばらな外野席で焼き肉をやっていたり、
麻雀卓を囲みながらの観戦なんて、
今では考えられないような風景が見られたものだ。

とあるデーゲームのロッテ対南海を川崎球場に見にいったときは、
観客席はガラガラでポカポカ陽気もあって、
まるで河川敷でやってる草野球を見ている感覚。
今の中日監督の落合が、三冠王を何度も獲得していた時期だったが、
三冠王がなんで草野球に出てるんだ?
なんてこともあったっけ。

そんなパーリーグの南海もダイエーに身売り。
福岡に移転した当初は万年最下位だったものの、
やがては常勝球団になって球場も満員。
ホークスもいいオーナーにもらわれてよかったと思っていたのも
阪神大震災まで。
そのあと親会社のダイエーが震災の影響もあって業績悪化で、
ホークスはソフトバンクに身売りされ、
その時点でホークスファンをやめた。

そのあとは、阪神ファンの友人と年に1、2回、
神宮やヨコハマに阪神戦を観に行くのが唯一の野球観戦となり、
その友人がこの世を去ったあとは、生でもテレビでも、
いっさい野球を見ることがなくなっていた。

ひさびさに見るホークスは知っている選手も数人になっていたし、
ひさびさに見る野球は、どうしてあんなに面白かったんだと
疑問に思うくらいの醒めようだったが、
一昨年に他界した親父の代わりに、
8年ぶりのホークス日本一を見届けた。

今や完全に野球離れで、
この先もう野球を見ることもないかなと
思っていた今日このごろだったが、
最後をホークスの日本一で締めくくれたのは、
何かの縁かもしれない。

とある日々 | 23:17:05 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
そこに元南海ファンの私が来ましたよっと。
とは言っても、当時の巨人贔屓に対するアンチとしての南海ファンでしたが。
門田、香川、加藤とか好きでした。
2011-11-22 火 16:31:36 | URL | MQ~ [編集]
MQ~さん
古くは、野村、広瀬の全盛時代から応援し、
そのあとは、藤原、山本(和)、門田が好きだった。
大阪球場も好きな球場だったなぁ。
2011-11-22 火 19:40:59 | URL | akaisankaku [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する