FC2ブログ
 
■プロフィール

◉ 温泉呑んべえ

Author:◉ 温泉呑んべえ
at:東京・阿佐ヶ谷
favorite:温泉・酒・レトロ




▼リンク

どこにでもある風景
バーチャル神社

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

10日のこと(旧・流れ流れて)


画像は宿に貼ってあったポスターだけど、
今夜はここにいる。


※以下追記



寝台列車「あけぼの」は、午前7時50分に「東能代」の駅に到着。
すぐに朝食をと思ったけれど、
駅前には何もなく、駅の立ち食い蕎麦も何年か前に廃止されたとのこと。
駅の売店にカップ麺が売っていたので、
しかたなく、きつねどん兵衛にお湯を入れてもらって食す。
でも、こういうのもありかな。

東能代から北にあがる五能線は、
海岸線を通り景色がいいことで有名。
全部で43駅あるのだが極端に本数が少なく、
各駅停車の普通電車は次の能代駅までが1時間に1本あるが、
11駅先の岩館までが3本、21駅先の深浦までが3本、
五能線の終着まで通しで走るのは、弘前行きの1本と、
観光列車の特急列車「リゾートしらがみ」が3本のみ。
一旦途中下車してしまうと、どうにもならないくらいに不便で、
まあ、ほとんど地元の人が使うことはなく、
もし車窓の風景がすばらしくなければ、
とっくに廃線になっていてもおかしくないような路線だ。

今夜のお宿の「不老ふ死温泉」は、
18駅先の「ウェスパ椿山」駅で降りるのだが、
まずは、そのふた駅前の「陸奥岩崎」駅近くにある温泉へ。
「陸奥岩崎」は普通電車しか停車しないので、
まずは、ひとつ手前の駅「十二湖」へ「リゾートしらがみ」で向かう。

「十二湖」駅からからは、約40分歩いて白神温泉「静観荘」に到着。
温泉はぬる湯でお湯もすこぶるいい。
ほんとはここでのんびりしたいところだが、
「陸奥岩崎」からの各駅停車の時間がせまってきたので、
泣く泣く30分くらいで切り上げる。
なんせこれをのがすと、この駅に止まる列車は5時間半後だ。
薄緑白色のお湯。
ナトリウム-炭酸水素・塩化物泉。源泉かけ流し。

時間はちょうど正午前。
駅のそばに「自由軒」という旨いと評判のラーメン屋があるというので、
寄っていきたいところだが、
食べていると乗り遅れる可能性が大だ。
でも、食欲に勝てず入店。
もし乗り遅れたら、ふた駅で約90分の歩きになる。
タクシーを使うと2000円くらいになりそうだし、
だいいちタクシーなんて走ってもいない。

注文した味噌ラーメンは7分後に目の前に。
駅までは走って2分くらいだから、5分で食べなくてはいけない。




旨い、旨い。
味噌にバターのかおりがほのかにするスープ。
あと三分の一くらいになったところで、店の外から踏切の鳴る音がする。
だめだ。電車には乗れない。
腰を落ち着けじっくりと味わってスープまで全部完食。
満足。でもこれから歩きが待っている。

店を出るとさっきまで晴れていた空が曇り出して雨の気配。
ラーメンの誘惑に負けたことへの後悔を胸に歩き出す。
ところが、5分くらい歩いていくと前方のガソリンスタンドに、
なんと今夜のお宿の「不老ふ死温泉」の送迎バスがいるではないか。
たまたま用事でこっちに来ていたのことで、
すぐに宿に戻るというので乗っけてもらえることに。

宿に到着するころには嵐のような風雨になって、
このバスに巡り会わなければ、えらい目に遭っていた。
旨いラーメンを食べて、しかも電車よりもらくちんで宿に到達。
ほんとに感謝感激雨霰。

不老ふ死温泉」の露天風呂は、波打ち際にあって、
海沿いにある露天風呂のなかでは日本屈指。
ひょうたん型の湯船には茶色のお湯がそそがれている。
含鉄-ナトリウム-マグネシウム-塩化物強塩泉。
源泉かけ流し。

午後1時前のチェックインもOKで、さっそく露天へ向かうと、
さっきまでの嵐が止んでいて心地よく入浴。
おまけに嵐だったせいで風呂には誰もおらず、
ひと時だけど貸し切り状態で、こちらも感謝感激雨霰。



お湯はぬる目でいつまでも入っていられそう。
このあとワンセット1時間の入浴を3セットして、
打ち寄せる波と飛び交うカモメを眺めつつまったり。
晴れていれば夕日が美しいのだが、
これ以上何を望もうか。

夜は露天は入れないので、夕食後は寝台列車の疲れもあって、
内風呂もそこそこにして早めに就寝。


温泉 | 21:21:12 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
あぶに刺されるから注意せよ。
2011-10-10 月 21:57:49 | URL | 監督 [編集]
知らぬ他国を
流れ流れて
過ぎてゆくのさ
夜風のやうに
2011-10-10 月 23:57:54 | URL | MQ~ [編集]
監督さん
この季節はアブはいません。
でも、部屋にはアブの写真付き注意書きが置いてありました。

MQ~さん
あとをふりむきゃ こころ細いよ
それでなくとも 遙かな旅路
いつになったら この淋しさが
消える日があろ 今日も今日も旅ゆく
2011-10-14 金 16:50:44 | URL | akaisankaku [編集]
えぇ歌やのぅ〜 ♪
2011-10-16 日 04:29:13 | URL | MQ~ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する