FC2ブログ
 
■プロフィール

◉ 温泉呑んべえ

Author:◉ 温泉呑んべえ
at:東京・阿佐ヶ谷
favorite:温泉・酒・レトロ




▼リンク

どこにでもある風景
バーチャル神社

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

たたたた、たんめん
 
 
肉豆腐定食。 
 
田町にある、バラック焼き肉屋「はるみ」でランチ。 
肉豆腐の汁が赤いのはとんがらし入りだから。 
ぜんぜん辛くないので味はいまいちだったが、 
店の佇まいは、半世紀くらい逆戻りした感じでグッド。 
 
今日はたまった用事をこなす日。 
朝から精力的に動くつもりでいたが、仕事が飛び込み臨機応変に対応。 
仕事でも遊びでも、自分で計画を立てると 
ついついそれに固執しがちであるが、 
計画通りに拘れば拘るほど泥沼にはまることが多い。 
 
どこかに遊びに行くにしても、行く予定の地域が天気が悪そうなら、 
天気のよさそうな場所に変更するとか、 
呑みたい酒場が混んでいたら無理に入たったり、空くのを待ったりせずに、 
別の居心地のよさそうな店を選択するとか、 
仕事にしても、内容や進行の変更でいろんな予定が狂いそうになったら、 
それにあわせて作業方法や日程を変更するとか。 
 
その場合、今までの計画のデメリットをカバーするのではなく、 
まったく別のメリットで構成しなおすのが肝。 
変更改善ではなく、新規計画。 
何かの都合で計画が変更になったら、それ以降のことは、 
その延長線ではなく、そこから別の道を新たに考える。 
つまり、執着ではなく、創造することが大切だ。 
 
それまでの計画に拘り続けると、結局中途半端なことにしかならない。 
結果がどうあれ、当初考えた計画が一番よかったのに、ということになる。 
それよりも、まっさらな道を新たに考えた方が、 
前の思いに引きずられないから、どういう結果になってもそれはそれで楽しめる。 
何より、意外性というプレゼントも用意されていたりする。 
昔からよくいうけれど、ハプニングは楽しめ、ということだ。 
 
さらにいえば、自分以外の要因で何かが変更になるというのには、 
それなりに意味がある。 
外的要因で何かの変更をしいられるというのも、何かしらのサインなのだ。 
車の運転でも周りの車の流れにのることが安全なように、 
流れに対抗するのではなく、その流れにのっかってしまう。 
計画を変更するときに一番大切なのがこのことかもしれない。 
 
本日も、昼からの予定をおもいっきり変更せざるをえなかったが、 
それはそれで、有意義こともいろいろあった。 
何より、美味しい餃子とタンメンに巡り合えたりとかね。 
 




 
 


とある日々 | 23:53:28 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
No title
ここ来ると「右左さん、毎日々々良いなぁ。」と思うのでした。
2011-09-23 金 17:49:05 | URL | MQ~ [編集]
No title
MQ~さん
端から見るほどお気楽極楽でもないです。
2011-09-23 金 20:02:26 | URL | 本人 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する