FC2ブログ
 
■プロフィール

◉ 温泉呑んべえ

Author:◉ 温泉呑んべえ
at:東京・阿佐ヶ谷
favorite:温泉・酒・レトロ




▼リンク

どこにでもある風景
バーチャル神社

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

懐かしの天下一品
 
 
お盆のお墓参りにバイクで行く。 
 
帰りに天下一品の「五条桂店」でこってりを一杯。 
東京で食べるものより味は濃く、さらに辛く、 
それがまた旨い。 
 
天下一品のラーメンを初めて食べたのは、 
京都の烏丸今出川にあった「今出川店 」。 
まだ学生のころだったので30年くらい前か? 
今や全国に200店舗以上を数えるらしいが、 
その当時はまだ京都市内に3店舗くらいしかなく、 
天下一品の名前自体もまだまだ無名で、 
どちらかというと知る人ぞ知るラーメンだった。 
 
世間では、ラーメンといえば今でいう中華そばがメイン。 
中華料理屋や食堂で出される、醤油味にオーソドックスな中華麺が主流で、 
京都の街にもラーメンの専門店自体がそれほど多くなく、 
今のようにわざわざ旨いラーメンを食べ歩くこともなかった。 
そんななか、たまたま変わったラーメンがあるという人の誘いで食べたのが、 
この天下一品。 
 
天下一品のラーメンの最大の特徴は、そのスープの濃さ。 
液体というよりは半固体かと思うくらいにドロドロしているので、 
麺にスープがからみついて、食べ進むうちに知らぬ間にスープも減っていく。 
その当時は(今も?)、メニューには中華そばと書かれていたが、 
何たって汁がないようなものだから、 
最初の印象は、これは中華そばなんてもんじゃない、 
天下一品という食いもんだ、くらいに思えたほど。 
でも、旨い。そしてやみつき。 
 
それ以来、ラーメンといえば天下一品、というくらいで、 
食べるラーメンのほとんどを、天下一品で食べていた気がする。 
京都の北白川で部屋を借りていたときは、近所に「本店」があったし、 
東京に出たあとも、住んだ街のそばに必ず天下一品があって、 
何故だか、天下一品のラーメンには困ったことがなく、 
「旧・高円寺店」に数回、「池尻店」と「駒沢店」には、 
足しげく通ったものだった。 
 
それでもここ暫くは、ラーメン自体をそれほど頻繁に食べなくなったことや、 
ほかにも旨いラーメン専門店が増えたこともあって、 
あれほど好きだった天下一品のラーメンも、 
いつの間にか、年に1、2回「渋谷店」で食べるだけに。 
 
今日、食べた「五条桂店」は、 
実家にいたころ、仕事の帰り道にあった店で、ひさかたぶりの来店。 
店の雰囲気はきれいになって随分と変わっていたし、 
その当時の味も忘れてしまっていたけれど、 
美味しいという記憶だけはそのまま変わらなかった。 
 
天下一品は麺やスープは工場で作られ、 
それが全国のチェーン店に配送されるセントラルキッチン方式。 
基本的に味は同じはずなのだが、 
各店舗がスープに加えるタレの量や味を変えているので、 
店によってまったく味が違うという、 
これまたファンにはたまらない仕組みとなっている。 
 
特にこの「五条桂店」は、今は味が濃いことで知られているらしい。 
チャーシューも大ぶりなのは2枚と太っ腹。 
さらには「赤」という独自のメニューも存在していて、 
赤をお願いすると、無料でとんがらしが目一杯かかってくるそうだ。 
辛いもの好きにとっては、さけては通れまい。 
 
近々にまた食べに行かねば。

とある日々 | 23:28:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する