FC2ブログ
 
■プロフィール

◉ 温泉呑んべえ

Author:◉ 温泉呑んべえ
at:東京・阿佐ヶ谷
favorite:温泉・酒・レトロ




▼リンク

どこにでもある風景
バーチャル神社

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

平和なお題3つ
 
 
買いもんがてらに新京極の「スタンド」へ。 
 
海老フライで瓶ビール。 
昼の1時。今日はいつもより混んでいてほぼ満席。 
 
ビールを飲んでる向かいの席のおじいちゃんが、 
ランチを食べている隣りの席のおにいちゃんに 
しょっちゅう話しかけるもんだから、 
ご飯食べてる人にはそんなに話しかけないほうがいいですよと、内心思ったけれど、 
にいちゃんも迷惑そうにしつつも適当にあしらっていたので黙殺。 
わりい、このめんどくさそうなおじいちゃんの話し相手を 
引き受ける気力は今日はない。 
おじいちゃんの矛先がこちらに向く前に退却。 
 
立ち喰いうどん屋で、きざみうどんでも食べようと、 
のれんをくぐって「きざみ」とひと言。 
そんで、出てきたのはきつね蕎麦。 
おばちゃんは、ごめんね取り替えるからと言ってくれたけれど、 
まあいいやと、そのままいただく。 
きざみときつねを間違えるのはまだしも、 
関西では何も言わなければ当然うどんが出てくるものだと思っていたのが 
うかつだった。 
こっちの人って立ち喰いでは、けっこう蕎麦食べるんだよね。 
よくみるとメニューも蕎麦のほうが上にある。 
 
関西にいるときは、蕎麦より断然うどんが食べたい自分は、 
こういう機会がないと関西で蕎麦を口にする機会はほとんどない。 
そういうわけで、出汁味のうすい汁に蕎麦という組み合わせを 
ひさびさに味わったのだが、この組み合わせ、実はそんなに嫌いではない。 
でも、きつねはやはり甘辛い味がしゅみてるより、 
お揚げさんそのままの、きざみが美味い。そして、きざみにはやはりうどんが合う。 
次はちゃんと「きざみうどん」と言おう。 
と反省しつつ、きつね蕎麦を食べていたらあとから来た客が「きざみうどん」、 
しかも2度コール。 
あんたは正しい。 
 
電車のホームに大声で携帯通話をしているおばちゃんがいて、 
耳に携帯をあてて話しているのに、 
本体のスピーカーから大きな音で相手の話し声が聞こえていた。 
当然会話の内容は丸わかり。 
携帯の話し声が不快なのは、片方の声しか聞こえずに、 
話の脈略がわからないフラストレーションによるところが大きい。 
なので、この場合はそいう不快感はゼロ。 
というか、二人だけの会話が公開放送されているみたいでおもしろい。 
 
これからは、公共の場で携帯を使う場合はこの方式を義務化すべき。 
そうすれば、はずかしくて無駄な通話も減るだろうし、 
通話していて迷惑な場合も、周りはあまりイライラしなくてすむかもね。 
 
と、たいした出来事のない平和な一日。 

とある日々 | 23:03:58 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する