FC2ブログ
 
■プロフィール

◉ 温泉呑んべえ

Author:◉ 温泉呑んべえ
at:東京・阿佐ヶ谷
favorite:温泉・酒・レトロ




▼リンク

どこにでもある風景
バーチャル神社

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ショック療法
 
 
アメリカで債務上限法案が可決。 
アメリカ終了、資本主義終了、世界経済大混乱は、 
とりあえず避けられたって感じですね。はい。 
 
債務上限を引き上げるっとてことで、さらに借金してもいいってことだけど、 
今でさえ借金まみれで破産寸前のアメリカちゃんなのに、 
まだまだ借金するんですかね。 
 
どっちにせよもう終わりっぽい。 
 
国、しかも資本主義のトップに君臨するアメリカが破産? Why? 
ってことだけど、実は銀行から借金してるんだから、ほとんど民間人と変わんない。 
どうしてアメリカの国が銀行から借金するかといえば、 
ドル紙幣を刷っているのは銀行であり、 
その銀行がFRB(連邦準備銀行)という民間企業だから。 
つまり、アメリカ政府は民間の銀行が発行するドルを借り入れして、 
それに対する莫大な利子を払い続けているわけで、 
巷でよく耳にするアメリカ国債の問題もここにからんでいる。 
 
アメリカと同じく、中央銀行がその国の紙幣を管理するシステムは、 
世界の多くの国々においても成り立っていて、日本も例外ではない。 
あんれ? お金って日本の国が刷ってるんじゃないの? 造幣局だってあるし。 
なんて思ってる人は多いはずだが、貨幣は国で造るが紙幣は日本銀行で刷る。 
日本銀行は国が50%の大株主ではあるが準民間企業であって、 
日本政府もその日本銀行に円紙幣を刷ってもらって利子を払っている。 
 
さらに、驚き桃の木山椒の木なのは、 
日本銀行は一般の銀行から強制的にお金を預かることになっていて、 
それによって一般の銀行は、そのお金の何倍もの額のお金を貸す権利を与えられ、 
現物の紙幣がなくても架空のお金で企業に融資したり、 
民間人をローン漬けにして儲けるという 
仕組みが出来上がっていることだ。 
まあ、バブル崩壊のときは、それがエレえことになったりもしたのだが、 
現在の日銀の法定準備率からすると、銀行は日銀に預けた金額の10,000倍の 
架空のお金を貸し付ける権利を持っていることになる。 
 
基本的にはそういうこと。 
こうしてどんどん搾取されていくわけだけれど、 
民間人がローン漬けで借金まみれなのと同じく、 
国も借金まみれで、儲かるのは銀行のみ。 
つまり、銀行は自由にお金をつくる権利を持っていて、 
民間人だけでなく国からも無限に利益を上げることができるってわけだ。 
まったくもってなんてシステムなんだ。 
昔、このシステムをくつがえして、 
アメリカで政府発行紙幣をつくろうとしたのが、J.F.K。 
彼がどうなったかは・・・。 
 
まあそういうわけで、 
これはどっちかというとタブーっぽいので、 
こんなところにお気軽に書くのもちょっとなんだけど、 
とりあえずわかりやすいように、 
銀行とは何ぞやをかなり強引に感覚的に簡略化してみた。 
といっても、ここは基本的に酔っぱらいの妄想話。 
本当かどうかは、やっぱ自分で調べなきゃねえ。 
 
それにしても、近ごろ世界の様相が徐々にだけれど変化してきて、 
いろいろな社会の真実が明るみに出て、 
こういう情報も津々浦々に流れつつある。 
 
ここ最近、原発災害で政府やマスコミや企業の本当の顔が 
ちらほら見え始めたように、 
社会のいたるところ、それだけでなく個人の関係においても、 
いろんな矛盾やおかしなことがどんどん噴出してきて、 
何かが変わろうとしているのは確かだ。 
 
それが時代によるものなのか、はたまたマヤ暦が指し示すように 
宇宙的規模の大変革なのかは定かではないが、 
ある種のショック療法に近いものを感じざるをえない。 
 
のほほんと暮らしていた日々。 
貧富の差はあれども、借金まみれでも、その日暮らしでも、 
とりあえず毎日が暮らせた日常のなかにいる限り、 
けっして気づくことのなかった、 
というか、気づかないようにされてきた世界の本当の仕組みが、 
原発事故、自然災害、経済破綻をきっかけに 
一気に表に出て来て、多くの人の知るところとなってきた。 
 
人類という存在が成長するために存在するとするなら、 
今の世の中は本来目指すべき方向とは確実に違うだろうと思う。 
お金や権力が幅を利かせて賞賛される今の社会。 
そのなかで人はそれにのめり込むか、 
それに支配されて無抵抗でいるかのどちらかだ。 
ほんの一部の人たちが、その他大勢の、 
自分が飼われていることさえ気づかない、 
羊のように従順な人たちを支配する。 
ただ、どちらに罪があるかと問えば、どっちもどっちである。 
無抵抗になすがままでいるほうにも問題はあるのだ。 
 
もし神さんがいるとしたら、 
お前らいい加減にしなはれ。そんなに惚けていてはもう時間切れ。 
ほれ、地震、干ばつ、豪雨、火山噴火、おまけに放射能でもどうどす? 
まさしく、京都のぶぶ漬けでもどうどす?の世界。 
はやく気づけよ、ゴルァ、 
ってことなのかもね。 
 
昨夜食べたトマトオムレツ。 
中身がとろとろで美味しかった。 
これが食べられる世界か、食べられない世界か。 
明日はどっちだ?

酔っぱらいの戯言 | 12:38:58 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
No title
タイトルみてエドガーウィンターを思い出しました。

銀行は調べれば調べるほどトンでもハップンですね。
このシステムを考えだしたユダヤ人は凄ぇなぁと。
2011-08-02 火 15:19:42 | URL | MQ~ [編集]
No title
MQ~ さん
「恐怖のショック療法」? まさしく。
2011-08-02 火 16:23:52 | URL | 本人 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する