FC2ブログ
 
■プロフィール

◉ 温泉呑んべえ

Author:◉ 温泉呑んべえ
at:東京・阿佐ヶ谷
favorite:温泉・酒・レトロ




▼リンク

どこにでもある風景
バーチャル神社

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ただいまが似合う、おふくろ屋台
 
 
吉祥寺で友人と呑む。 
 
駅前のハモニカ横丁にある「おふくろ屋台」。 
早い時間から開いている呑み屋で、 
親戚のうちで呑んでいると錯覚しそうな雰囲気を味わえる。 
 
入口から続く細い階段を上がると、5人がけくらいのカウンターがある。 
さらに3階に上がると8人くらいが座れそうな座卓がある居間。 
そしてさらに上がるとそこは屋上で、 
こちらはテーブルが2つあって、計10人くらいが座れる。 
 
屋上といっても簡易の屋根があるのであまり開放的ではないが、 
周囲の窓からは吉祥寺の駅前のビルなんかも見え、 
ホッピーだのハイボールだのの提灯が囲むようにつり下げられていて、 
よくいえば、プライベートなビヤガーデンのようだ。 
 
で、本日は屋上でビール! 
先客の男女ペア、それに後から来た女性二人連れ、そして我々二人が、 
たまに世間話などしながら呑むのは、 
まるで、お盆で集まって来た遠い親戚同士がひさしぶりに会うような雰囲気で、 
そのシュールさが絶妙に面白い。 
 
下の居間ともなるとその傾向はさらに増し、 
あとから来たお客さんに、 
思わず「おかえり」なんて言葉が自然と出てしまうくらいで、 
そのお客さんもその場の雰囲気に一瞬で馴染んで、 
「ただいま」なんて言ってしまう、まっこと不思議な空間のある呑み屋だ。 
 
こんな変な呑み屋、ほかにはあまりお目にかからないのだが、 
そのわりに世間に知られてないので、 
いつ行ってもわりとまったりできる。 
 
こじゃれた雰囲気の店とかチェーン店とか、 
街の表ばかりを見ていたらけっして巡り合わない、 
ちょい変で面白い店が、実は都会の片隅のそこらへんに隠れているのだ。

外呑み | 23:57:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する