FC2ブログ
 
■プロフィール

◉ 温泉呑んべえ

Author:◉ 温泉呑んべえ
at:東京・阿佐ヶ谷
favorite:温泉・酒・レトロ




▼リンク

どこにでもある風景
バーチャル神社

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

もっと光を
 
 
あじぃ、あじぃ。 
 
と何度言っても暑さは変わらない。 
涼しくなりたいと思えば思うほど暑くなる。 
こういうときは、開き直りが一番。 
思いきってさらに暑くなってしまえば、 
それが心地よくなってくるから不思議。 
 
例えば、アイスコーヒーではなくホットコーヒー。 
冷やし中華ではなく、けつねうろん。 
日陰ではなく炎天下。 
 
さずがに炎天下は日射病や熱中症の心配があるので 
万人にはおすすめできないが、 
帽子をかぶって日の光に当たれば、 
肌が暑くはなるけれど、それがイコール苦痛とは感じない。 
要は、頭を冷やして水分補給さえ怠らなければ、 
かえって気持ちよくなれる。 
さらには、昼間に十分に陽の光にあたっておけば、 
夜になると少々暑くてもそれが苦痛には感じなくなるものだ。 
 
ということで、夏は日向ぼっこだっ!といっても 
誰も相手にしてくれそうもないが、 
そういえば、近ごろ夏に外で遊んでいる子どもをまったく見かけない。 
昔は暑い盛りの夏日でも、 
子どもは麦わら帽子をかぶって水筒をぶら下げながら、 
肌が真っ黒になるのもものともせずに炎天下を走り回っていたっけ。 
それでいて、子どもはみんな元気だった。 
昼間に元気すぎて、夜の9時にもなれば起きていられなかったものだ。 
これは疲れのせいでもあるが、 
昼間にいっぱい光を浴びることによって、 
夜は休息の時間ということを体がわかっているにほかならない。 
 
オゾン層の破壊による紫外線の増加による皮膚がんの心配? 
それが事実だとしたら、地球上のあらゆる植物や動物にすでに異変が起こっているはず。 
植物や動物は日傘もささなければ服も着ていない。 
それでも、人間だけがその影響を受けるとでもいうのだろうか? 

子どもを陽にあてない。 
これはひとえにキョウビの親たちの過保護すぎる子育て方針によるものだろうか? 
何かあったらすぐに消毒が、子どものばい菌への耐性を阻害しているのと同じく、 
陽の光を害とすることが、恐ろしいことだとは気づいていないのだろうか? 
夜、いつまでたっても寝ない子どもが異常だとは、思わないのだろうか? 
 
太陽の光はすべての地球上の生命にとってのエネルギー源。 
太陽の光は人間にとっても不可欠なものである。 
特に目から入る光は脳を通って脊髄へと全身に行き渡り、 
体という物質面だけでなく、心という精神面にも影響を及ぼす。 
 
外国の、特に都会でないところに行くとよくわかるのだが、 
太陽の光を十分に浴びている人たちは、心も体もまっとうだ。 
 
確かに病気や寿命の短さはあるけれど、 
それは貧しさからくる食料事情や生活環境からくるもので、 
太陽の陽を浴びすぎて体や心を害している人などいない。 
むしろその逆で、光が少ないことによる肉体と精神への悪影響の方が顕著だ。 
がんや鬱病は太陽の光を浴びると改善するともいう。 
 
東京などの都会でよく見かける顔に正気のない人たち。 
これは陽の光をさけて暮らす人々の末路かもしれない。 
そういう人を増やすために、太陽の光は危険として陽を浴びさせない。 
そうしておけば、社会にたいする不満分子も生まれてこないものね。 
 
ところで、そんな杞憂も吹き飛ばすかのように、 
太陽のもとに元気はつらつ動き回っている子どもたちがいる。 
夏は高校野球の季節。彼ら高校球児たちは、 
日本全国で甲子園を目指して炎天下での練習や試合に臨んでいる。 
 
いくら陽の光を浴びろといってもそれにも適度があって、 
高校野球の練習風景や試合を見ていると、さすがにそれはやり過ぎやろと思う。 
そして今年に限ってはさらにやりすぎな人たちがいることは見逃せない。 
 
全国高校野球選手権というくらいだから、 
当然、福島県でも予選試合が行われているのだが、 
福島県といえば原発被害。 
屋外でやるのが野球ならば、当然放射線量は気にしなくてはならない。 
ところが、福島の線量は只今20μSv/h。これは東京の約20倍以上。 
さらには、野球をやるグランドは土。 
そこには今まで降り積もった放射性物質がてんこもりではないか。 
 
そんなところで子どもが野球をやるとどうなるかは、一目瞭然。 
福島県の教育責任者の頭は、この暑さでオバーヒートしてしまったのだろうか? 
また、それを許している周りの大人はいったい? 
今まで太陽光線をさけて涼しい屋内でほうけていたので、 
頭が完全に冷却停止しているのだろうか? 
 
みな、もっと陽にあたったほうがいいよ。 
紫外線がまじで心配なら服の上からでもいいからね。 
そして、健全な体と心を取り戻してほしい。 
 
ということでした。

酔っぱらいの戯言 | 15:00:39 | トラックバック(0) | コメント(3)
コメント
No title
全く同感です。
いまこそ寺山の言葉をっ!って思います。
2011-07-16 土 20:41:45 | URL | MQ~ [編集]
No title
そういえば、トルストイも同じこと考えていたんでしょうかね???
2011-07-16 土 23:42:04 | URL | MQ~ [編集]
No title
こんなに暑けりゃ、わざわざ陽にあたろうなんて誰も思わないけどね。
でも、少しの時間でいいから陽にあたると、何故か心はすっきりする。
こんな時代だからこそ、太陽ときれいな水が人には必要かと。
2011-07-17 日 22:30:50 | URL | 本人 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する