FC2ブログ
 
■プロフィール

◉ 温泉呑んべえ

Author:◉ 温泉呑んべえ
at:東京・阿佐ヶ谷
favorite:温泉・酒・レトロ




▼リンク

どこにでもある風景
バーチャル神社

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

京都三大アンティーク喫茶店
 
 
レトロな喫茶店「ソワレ」でウイスキー珈琲。 
ウイスキーが化粧水の容器みたいな小瓶に入れられて運ばれてくる。 
それを自らシュッシュッと珈琲に入れて飲む。 
その作法と「W」の文字が何だか小粋。 
 
京都の四条河原町界隈には三軒のレトロな喫茶店がある。 
「築地」「フランソワ」、そして「ソワレ」だ。 
 
築地」は昭和9年創業。アンティークな調度品に囲まれた、 
中世貴族の書斎??のような雰囲気。 
ゴージャスなんだけど、庶民的みたいな。 
BGMはクラシック。ウインナー珈琲が定番。 
 
フランソワ」も昭和9年創業。 
こちらは石を基調としたバロック調で天井が高く、 
中世の室内楽団が四重奏でも奏でていそうな雰囲気。 
建物は文化財に指定されているとか。 
BGMはもちクラシック。 
 
ソワレ」は昭和23年創業。 
こじんまりした洋館風で、青くて薄暗い照明が印象的。 
昭和初期の乙女がちょっぴり大人の世界をかいま見る、 
みたいな独特の雰囲気を醸し出している。 
東郷青児の美人画が飾られていることでも有名。 
2階の窓からは高瀬川も見え、ゼリーポンチが女の子に人気。 
BGMはない。それがかえって話し声を小声にするので、 
静かに過ごすことができる店でもある。 
 
この三軒を「京都三大アンティーク喫茶店」と呼ぶ人もいるくらい、 
それぞれ個性的でレトロ感も抜群。 
古くからある京都の喫茶店なので、 
旅行者のみならず、地元の人もちょくちょくお茶を飲みに足を運ぶ。 
 
このほかにも京都には、旅行者にはあまり知られていない 
渋〜い喫茶店がけっこうある。 
街角にとけ込んだなんの変哲もない喫茶店が、 
はんまもんのレトロだったりする。 
 
京都に住んでいたころは、 
「京都三大アンティーク喫茶店」よりも、 
そういう店でまったりするのが好きだった。 
いくつかはもうなくなってしまったけれど、 
現存する店もまだまだ多い。 
今度、時間を作って1日レトロ喫茶店行脚でもしてみるかな。 
 
ソワレのあとは「静」で、 
絶品の出し巻きとサバの味噌煮をあてに、日本酒を冷やで3合。 

とある日々 | 23:56:48 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
No title
tukiji もsowareもなぜか古着着物着てやすこさんと待ち合わせしてました。
furansowaはいったことないので行ってみたい!
それよか「静」!
2011-06-18 土 21:28:34 | URL | 大橋 [編集]
No title
フランソワはこの3軒のなかでは、わりと普通っぽいですよ。
それよか、静をご存知とは。
娘さんらしき人?が跡を継いだようすで、まだまだ安泰です。
2011-06-19 日 12:46:27 | URL | 本人 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する