FC2ブログ
 
■プロフィール

◉ 温泉呑んべえ

Author:◉ 温泉呑んべえ
at:東京・阿佐ヶ谷
favorite:温泉・酒・レトロ




▼リンク

どこにでもある風景
バーチャル神社

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

インク代
昨夜の晩酌は、芋焼酎「千鶴」の水割り。
あては、目鯛のかぶと煮と目鯛の刺身。



ポストカードを印刷しようとしてインクを買いに行ったら、
インクが店頭にないことが判明。お取り寄せとになるとのこと。
家にあるカラープリンターは今から8年くらい前に買ったもので、
もはや、この機種を使っている人も少ないだろうからと理解はできるのだが、
いざというときの不便さは免れまい。

あとどのくらいの期間、カートリッジを製造してくれるのかもわからないし、
今使用しているOSにも完全には対応していないので、
そろそろ換え時ということなのかもしれない。

当時、定価で6万円くらいした機種で、
そのころはCDのラベル印刷が出来ることが売りのひとつだったが、
現行機種は、スキャナーやコピー、FAX機能まで付いて
それよりも安い値段で買うことができる。

そういえば、パソコンも最初は画像ひとつ開くのにも
随分と時間がかかったし、ハードディスクの容量も1ギガ、2ギガが普通だった。
それが今やその500倍の1テラなんてのも当たり前になってきているわけだから、
プリンターも8年も経てば、そりゃ変わるわけだ。

家庭用のカラープリンターは今や3万も出せば、
そこそこのものを手に入れることができるが、
そもそも何故、プリンターがこんなに安いかといえば、
本体を安く売って普及させて、
インクで儲けようというメーカー側の魂胆からだ。

本体を3万くらいで買ったとしても、インク代がバカにはならない。
さらには最近、写真が綺麗にプリントできますとかなんとかで、
6色のインクカートリッジが必要なものまである。
全色交換だとインクカートリッジ自体で1個5千円くらいするので、
6回交換したら本体が買えちゃうくらいだ。
ほんと、あこぎな商売である。

もともと印刷は4色が基本。
シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック。
大抵の印刷物はこれでまかなえるのだ。
それが、ライトシアン、ライトマゼンタで2色追加!?
インクジェットと普通の印刷では単純に比較はできないのだが、
そこまでのクオリティは一般家庭で必要ないだろうにね。

写真を刷るならL判(普通の写真サイズ)に限っていえば、
街の写真屋さんで印刷してもらったほうが綺麗だし、
インクと用紙代を考えると値段もさほど変わりはしない。
むしろ、印刷ミスを考えれば家庭で刷ったほうが高くつく場合もあるのだ。

ハガキや大判の写真を刷るのは家庭用で、
L判で写真をするのは写真屋さん。
こう使い分けることでインク代を節約するのが、
メーカーの思惑に乗らない賢い消費者かもしれないね。



家呑み | 10:18:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する