FC2ブログ
 
■プロフィール

◉ 温泉呑んべえ

Author:◉ 温泉呑んべえ
at:東京・阿佐ヶ谷
favorite:温泉・酒・レトロ




▼リンク

どこにでもある風景
バーチャル神社

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

満腹が罪
 
 
本日は高円寺で友人と呑む。 
 
一件目は「バクダン」 
 
実は、この店の近所に25年前に住んでいたのだが、 
その当時からあったのかどうかは定かではない。 
店の汚れ具合はそのくらいの年期かなあと思うほどの薄汚れ系の店。 
肉体労働系のおっちゃんたちが集う店なわりに、 
雰囲気が穏やかで、お客も店の人もニコニコしている。 
たまたまかもしれないけれど、嫌な感じの人がまったくいなかった。 
外見こそ皆さんけっしていい身なりとはいえないけれど、 
人生の幸せを自分の身丈のなかで満喫している感じ。 
店の人もお客も類友関係で集まってくるのだろう。 
お値段もリーズナブルで、ひさびさにいい店に巡り会えた。 
呑み屋とはこういうものであってほしいと思える店。 
 
二軒目は「唐変木」 
 
この店の雰囲気は昭和レトロ好きにとっては感涙もの。 
開店37年。店の内装はその当時のままを維持しているという。 
レトロよりはモダンのほうが合っている店内は、 
70年代のジャズ喫茶やアングラ劇団員のたまり場のよう。 
それでいて雑然とした感じがまったくなく、 
凛とした空気が流れているのは、 
気さくだけど筋の通ったママさんの人柄によるものかもしれない。 
こんな店は今や中央線沿線でも見つけることは難しいかも。 
今の時代に残っていること自体が奇跡とも思える店。 
 
三件目は友人と別れて一人で「大将2号店」 
 
高円寺では有名な焼き鳥の店で、駅周辺に3軒ある。 
そのなかの2号店は、昭和の香り、といってもこちらはおっちゃん系だけど、 
なかなかいい感じの古さを醸し出している。 
ここのあての量は半端じゃないので一人では正直言って持て余してしまう。 
具沢山のオムレツを頼んだら、 
ご飯とみそ汁さえあれば立派な定食クラスだし、 
そのあとマカロニサラダを頼んだら、 
350円という値段のからすると倍近い量が盛られてきて、 
3軒目の自分は見ただけでギブアップしそうになった。 
隣りの席の親父さんは煮込み豆腐を注文していたが、 
出て来たのは丼一杯の量でほとんど罰ゲームに近い。 
でも、見るからに美味しそう。 
昭和の時代の庶民のための呑み屋を正統継承していると思える店。 
 
ということで、呑み過ぎではなく食べ過ぎで帰宅後ダウン。 
自制心のなさは明日への反省材料としよう。 

外呑み | 23:28:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する