FC2ブログ
 
■プロフィール

◉ 温泉呑んべえ

Author:◉ 温泉呑んべえ
at:東京・阿佐ヶ谷
favorite:温泉・酒・レトロ




▼リンク

どこにでもある風景
バーチャル神社

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

原発は実は安全
 
 
東京に戻ってくると、気になるのはやはり原発のこと。 
 
本日、午前9時台の「ふくいちライブカメラ」。 
現地は雨らしく、レンズが曇って視界がほとんどゼロで、 
何が起こっていてもわからない。 
 
ネットの世界では安全厨と危険厨が、 
お互いの主張をぶつけあって熱いバトルを繰り広げていたりするけれど、 
実際のところあの場所で今何が起こっているのかは、 
政府も東電も本当のことを明らかにしていないから、 
完全に推測や予想の水かけ論争にはまってしまっている。 
まるで今日のふくいちライブカメラの映像みたく、真実は霧の中だ。 
 
政府と企業が一体化した原発利権というものは、 
世界的な規模でがっちりと固められているわけだが、 
どうしてそれが莫大な利益につながるかといえば、 
放射能は人類が扱えないくらい危険なもので、 
それをコントロールする技術は最先端の科学の領域、 
すなわち、原発は特定のものだけが運営管理できる、 
完全に独占的でしかも大きなお金が動く事業であるからだ。 
 
もし、放射能が危険でないならば、 
一家に一台超小型原子炉があってもいいわけだし、 
コンビニに交換用燃料棒が売っていたりしたら、 
エネルギーで大儲けなんて甘い汁もすえない。 
で、実はすでに放射能を無害化、もしくは悪影響を低減する技術が 
出来ていたらどうだろう? 
 
だいたい、まかり間違えば人類や地球自体を破壊してしまう技術を、 
こうもお気軽に使うのだろうか? 
しかもすぐ壊れてしまうようなお粗末な装置で、 
地震国の日本にこんなにたくさんの原発を作るだろうか? 
実のところ放射能はもはや全然安全なのだが、 
それでも危険としておかないと利権で儲けられないので、 
放射能は手に負えないほど危ないとしているだけではないのか? 
 
今までもさんざん放射能が漏れまくっていても、 
実際の被害は皆無なので誰も気がつかなかっただけとか。 
 
今回たまたま地震と津波で原発施設が大きな損害を受け、 
しかも爆発なんてしてしまったから表沙汰になってしまったが、 
実は今さら放射能は無害です、なんて言えないので、 
今までどおり危険と言っておこうとか。 
 
福島のリミット値を20ミリシーベルトに引き上げようが、 
関東や東北地方に高い放射能レベルの数値が出ていても全然問題なくて。 
ほんとは避難なんてしなくてもいいのに、 
放射能はめちゃくちゃ危険と公言しているから、 
とりあえず近場だけは避難させておいて、 
東京やその周辺では、実際の数値を発表すると無駄にパニックになるので 
低い数値でごまかしているとか。 
 
東電にさほど緊迫感がないのも、そういうわけで納得がいこう。 
 
ところが、このまま原発が危険ということいなると、 
原発そのものが否定されてしまい利権も消滅では? 
という疑問が残る。 
 
しかしながら、政府は今後も安全な原発推進を進めると言っているわけで、 
この「安全な」はもうすでに技術的にはクリアしていて、 
今後はその技術を小出しにしながら、 
新たな利権にしようと目論んでいるのかもしれない。 
 
そうすると核兵器なんかも怪しいもので、 
核兵器が長崎以後いっさい使われないのは、 
人類の良心なんてことはまったくなくて、 
いざ自国が攻撃されたら放射能を無害化するので、 
爆弾としての威力はさておき、 
最終兵器としてはまったく役に立たないことがバレてしまうからだ。 
 
だいたい兵器というもの、それを作った時点で防御方法も研究するのは当然なこと。 
広島、長崎の人体実験のあと、そのデータは攻撃力だけでなく 
防御方法についても活かされていないはずはない。 
 
ということで、現在の原発問題はこのままなし崩し的に収束に向かい、 
特別な技術を施された安全な原発が全国で稼働しはじめていく。 
そして名前が変わっただけの電力会社が独占的に電気を生産し、 
電気料金はさらに値上がりするにちがいない。 
 
というような、妄想話はいかがかな?

酔っぱらいの戯言 | 10:18:16 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
No title
現実味に溢れるお話ですよね。
2011-05-28 土 13:37:21 | URL | MQ~ [編集]
No title
MQ~さん

もう、そうですよ。
2011-05-29 日 20:06:35 | URL | 本人 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する