FC2ブログ
 
■プロフィール

◉ 温泉呑んべえ

Author:◉ 温泉呑んべえ
at:東京・阿佐ヶ谷
favorite:温泉・酒・レトロ




▼リンク

どこにでもある風景
バーチャル神社

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

長いものには摩訶不思議
 
 
スーパーに買いもんに行くと見慣れないものが。 
 
長茄子? こんなに長かったっけ? 
 
普段、ここまで長い茄子を見たことがなかったので少々驚く。 
そばを通る別の買い物客も「ながっ!」って言ってたから、 
ほんとに長いのだろう。 
 
このくらいの茄子、普段からあったのかもしれないが、 
自分の記憶にある長茄子の基準はせいぜいあってこの半分ちょっとの長さ。 
 
このくらいは普通よっ、という人にとっては当たり前なのかもしれないが、 
自分の予想外のものを見ると人は異質感を感じるもの。 
こんなものはあろうはずがないとか、 
こんなことは異常だとか。 
原発の影響での突然変異でもあるまいし。 
 
あくまで、自分の人生の経験から判断するのでしょうがないのではあるが、 
たとえ博識でいろんな出来事を知っていたとしても、 
いざ、実際に自分の目でみたときのインパクトはまた別物である。 
 
誰が撮ってもあの写真になるという世界遺産のマチュピチュも、 
いざ実際に自分の目で見たときの感動は、 
いくら写真で見慣れていてもわかりはしない。 
人は実際に体験しないと、ほんとうのことはけっしてわからない。 
 
異質感の多くは、たんに自分がよく知らなかったり、 
経験していないだけの話だったりする。 
かといって、人はこの地球上にあるすべての事象を 
直接体験することなどできはしない。 
多くは映像や本や音などで疑似体験するしかないのだ。 
 
とすると、人類の歴史からすれば微々たる自分の人生の時間が、 
己の常識の価値基準になっているかと思うとなんだかばかばかしくもなる。 
 
この長茄子は、自分にとって規格外、 
こんな長い茄子はおかしい、と。 
 
この音楽は、自分にとって規格外、 
こんな騒がしい音楽はおかしい、と。 
 
あんたの考えは、自分にとって規格外、 
こんな変な考えはおかしい、と。 
 
以下、いくらでも置き換え可能。 

酔っぱらいの戯言 | 15:25:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する