FC2ブログ
 
■プロフィール

◉ 温泉呑んべえ

Author:◉ 温泉呑んべえ
at:東京・阿佐ヶ谷
favorite:温泉・酒・レトロ




▼リンク

どこにでもある風景
バーチャル神社

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

商店街でまた
昨夜の晩ご飯は、新玉葱とツナのポテトサラダに焼き茹で玉子添え、
白菜ともやし炒め。
お酒は焼酎「木挽」の水割り。



近所の商店街でまたまた閉店のお知らせが。今度は電気店のLaox。
確か、3.4年前くらいに出来て以来、
いつもお客が入っていなくて、いつまで持つのか時間の問題であったのだが、
とうとうその時が来たという感じ。

売れ筋はプリントインクや電球など、今すぐ欲しい消耗品のみ。
電化製品は大して安くもなく、品揃えも少ないとあっちゃあ、
お客が来ないのも当然かと思うのだが。
地元民は、こんな所に出店しても駄目じゃんと素人目にも思ってるのに、
阿佐ヶ谷、高円寺、中野と一駅ごとに出店した3店とも閉店。
勢いで店を沢山造ってしまったのだろうけど、
マーケティングリサーチすればそういうのって、
わからないものなのだろうか?

昨年末も、とあるたこ焼きスタンドが閉店した。
20代の若者がお金を貯めて独立して意気揚々と始めた店であったが、
1年経たずにギブアップ。
そこはお酒も呑めて、たこ焼きもそこそこ旨いので、
重宝しそうな店であったのだが、
何故駄目だったのかは、場所が悪過ぎ。
商店街の端っこなので、駅から来る人たちは、それまでに街に分散してしまい、
人通りがまったく途切れてしまう所に店を構えてしまっているのだ。

借りる前に調べなかったの?と聞いてみたことがあるのだが、
「商店街だから行けると思った」ということ。
またお金を貯めて、別の場所で開業したいと言っていたので、
今度こそ事前リサーチをきちんとやって欲しいものである。

さてさて、Laoxの跡地には今度は何が出来るのか?
それを予想するのが、
地元民の秘かな楽しみ事でもあるのだ。



家呑み | 11:07:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する