FC2ブログ
 
■プロフィール

◉ 温泉呑んべえ

Author:◉ 温泉呑んべえ
at:東京・阿佐ヶ谷
favorite:温泉・酒・レトロ




▼リンク

どこにでもある風景
バーチャル神社

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

激安パブ
昨日は、約6年ぶりに会う友人宅へ。
場所はあきる野、正午に青梅線の福生まで行く。

福生は20年くらい昔、バイクで米軍基地周辺を見に何度か行ったことがあったが、
駅周辺が随分と変わっていて驚いた。
どこにでもあるような駅前風景。
まるで、日本全国画一化計画が静かに進行しているかのようだ。

友人宅では、おでんビールをごちになって夕方前においとま。
別の友人と約束があったので、その足で新宿へ。
新宿「つるかめ食堂」で呑む。
ビール1本にむぎ茶ハイ1杯。
トマトサラダに卵焼きに酢大豆。
友人はビール1本にトルティージャ定食。
2人で3,000円ぽっきり。

2件目は友人のおすすめで駅近のサントリーパブへ。
店はビルの地下にあり、通りに面した階段の入り口には、
安っぽい居酒屋のような、ちょっといかがわしそうな電飾看板。
ところが中に入ると、きちんとした店員さんにそれなりの店内。
落ち着いた雰囲気のショットバーであった。

何よりも値段の安さに驚愕。
全体的に新宿のど真ん中にしては低価格なのだが、
ウイスキー系の安さが異常。
なかでもサービス品というバーボンの「アーリータイムス」が
シングル200円とは!

で、それのダブルのロック1杯、シングルのロック1杯、
あと、名前を忘れたがウイスキーのロックをシングルで2杯。
友人も同じくらい呑み、つまみに薬膳ナッツという、
ひまわりやカボチャの種、くるみなどの渋いナッツの盛り合わせを頼んで、
計3,350円。
アンビリーバブル! 普通なら1人分だよ。

その店の名は。
覚えていない。
連れて行ってもらった店って、たいていよく覚えていないもんだ。
でも、場所はわかってるので、また行ってみよう。

そんなこんなで、帰ったのが午前0時前。
あまり食べずに呑んでいたので小腹がすく。
帰り道にある弁当屋で「のり弁当」を買って食す。
寝る前にこんなもん食べて、きっと後悔するにちがいないが、
欲望に負ける。



のり弁当300円で、激安の一日であった。





外呑み | 14:06:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する