FC2ブログ
 
■プロフィール

◉ 温泉呑んべえ

Author:◉ 温泉呑んべえ
at:東京・阿佐ヶ谷
favorite:温泉・酒・レトロ




▼リンク

どこにでもある風景
バーチャル神社

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

開いててよかった


大塚の「伊勢元」へ。
ここへは「庚申酒場」で呑む前に立ち寄ることが多い。

141122-2.jpg

自家製の謎の黄色い液体入りの、焼酎ハイボール。
口当たりは軽いが、けっこう利くのである。
次があるので2杯で。

午後8時あたりに開店する庚申酒場へ歩いて向かう。
おかあさんが骨折のち復活したあとは、
ただでさえ不定休がさらに予測不能に。
果たして今晩はやっているかやっていないのか。

141122-0.jpg

灯りはついていて扉もひとつ開いているが、
おかあさんの姿はなし。
しばらくして戻ると、おかあさんがカウンタのなかに座っているが、
開けるか開けないか迷っているとのこと。
調子の悪そうな顔をしていたので、無理しないほうがいいと声をかけて、
しばらくしてからまた来ると庚申塚駅の椅子でしばし。
ツレがやってきたので、再び店に向かうと看板が出ていた。

141122-3.jpg

あのあと常連さんが来て、看板を出してくれたとのこと。
あかあさんは70代半ばくらいかと思われるが、
かなりの話好きで、
話がしたいがために店を開けているようなところもある。
ひとり暮らしなのだから余計にそうなのだろう。

ここに来ると開いているだけでなんだかほっとする。
最近は、お酒を注ぐのもすべて客が自主的にして、
なるべくおかあさんを動かさないように配慮している。
ただ、そこにおかあさんがいて、お話をして、
それだけでほっこりする妙な酒場でもある。

外呑み | 23:19:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する