FC2ブログ
 
■プロフィール

◉ 温泉呑んべえ

Author:◉ 温泉呑んべえ
at:東京・阿佐ヶ谷
favorite:温泉・酒・レトロ




▼リンク

どこにでもある風景
バーチャル神社

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

とうがらしの赤


先日フリーマーケットで手に入れた、
葉付きとうがらしを窓際につるす。

日に当たると、刻々と色が赤くなっていく。
赤と緑のコントラストが美しい。

人工的な赤色と自然の赤色の違いは、
前者がきれい、後者は美しい。

きれいと美しいの違い。
きれいは整ったとか汚れていないという意味であるのに対し、
美しいは、心を打つもの、感動をともなうものという意味がある。

芸術家の岡本太郎氏によると、
「美しい」は無条件で絶対的なものであり、
「きれい」は変化し得る相対的なものであるという。

例えば、きれいな人というのは、
着飾ったり化粧したり、見た目がきれいということで、
美しい人というのは、内面からにじみ出るもの、
というわけだ。

また、整然と並ぶ高層ビルを見て、きれいというが、
雑然と並んだ民家をきれいとはいわない。
ところが、そういう雑然とした風景も
時には人を感動させる。
そういうときに発せられる言葉は、きれいではなく美しいだ。

曇りも汚れもまったくない光沢の赤色塗装のスポーツカーよりも、
いびつでところどころ変色しているとうがらしの赤色。
どちらが心を打つのか?

外面を重視するのか、内面を重視するのか、
とりつくろったものを良しとするのか、
本質を良しとするのか。
うつろいゆくものを好むのか、
普遍的なものを愛するのか。

それは、人の心のあり方でもある。

酔っぱらいの戯言 | 23:47:51 | トラックバック(0) | コメント(3)
コメント
外面も大事だけど内面も大事。
誤摩化す為に取り繕うくせに、本質は大事。
移ろいゆくものに儚さを感じるくせに、普遍的なものに憧れる。
嗚呼、俗人なワタクシです。w
2014-11-08 土 09:05:02 | URL | MQ~ [編集]
ちなみに辛いものが好きな私は
唐辛子はニンニクしょう油漬けや、味噌漬けにして食すのが好きです。
2014-11-08 土 09:06:46 | URL | MQ~ [編集]
心根がよくて美人、
ええかっこしいのお人好し、
けっして値上げしない古典酒場が好き、
みたいな・・・

唐辛子はニンニクしょう油漬け、味噌漬け、
味は取り繕うくせに、辛さは大事。
みたいな・・・
2014-11-09 日 18:09:18 | URL | 温泉呑んべえ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する