FC2ブログ
 
■プロフィール

◉ 温泉呑んべえ

Author:◉ 温泉呑んべえ
at:東京・阿佐ヶ谷
favorite:温泉・酒・レトロ




▼リンク

どこにでもある風景
バーチャル神社

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

思いたって、会津 その2
141020-5.jpg

朝6時に起床。
朝一番に河原の露天風呂へ。

141020-2.jpg

宿泊は自分たちだけなので、
1時間半ほどゆっくり湯浴み。
まったく飽きない。



朝食もおいしい。

141020-3.jpg

食後に季節限定露天風呂へ。
30分ほど入ってチェックアウト。

河原の露天風呂も季節限定露天風呂も、
たつみ荘のおやじさんとおかみさんで管理されていて、
有志の皆さんが環境整備隊としてボランティア掃除されたりで、
いつも心地よく入れるようになっている。
滞在中も環境整備隊の方が何組かやってきては、
掃除をして湯を楽しんでおられた。

河原の露天風呂は治水整備が終わり貯水開始後には再び水の底へ。
それも近々かもしれないとのこと。
季節限定露天風呂は川の水位が低下した後は、
春先に出るお湯がでなくなっている。
共同湯がリニューアルする来年4月には
現在のお湯の供給は終わるが、
水位が戻れば、春先の正真正銘の季節限定露天風呂が
復活するかもしれないとのこと。

なので、このふたつを同時に入れるのもあとわずかかもしれない。
河原の露天風呂と季節限定露天風呂。
まさしく両雄並び立たずだ。

141020-6.jpg

西山温泉「老沢温泉」へ立ち寄る。

141020-7.jpg

混浴だけど、おかみさんが、
あとから客が来てもブロックするのごゆっくりとのこと。
含硫黄-ナトリウム-塩化物泉。
硫黄の香りがプーンとする湯屋には温泉神社があり、
雰囲気は凛としている。

3つある浴槽のうち二つは激熱で入浴不可能。
唯一手前のが41度くらいで入浴できた。

141020-8.jpg

さらに奥のわかりにくい場所にある「下の湯」へ。

玄関は開いているが誰もいない。
ここはおばあちゃんがひとりで切り盛りされているのが、
表から窓越しに湯屋が見えて、お風呂はやっているもよう。
今にも降りそうな天気なのにゴザの上に豆が干してあったりするので、
近くに出かけられているだけかもしれない。
もうすぐお昼なので、おばあちゃんが帰ってくるのを待つ。

15分くらいしたら、シニアカーに乗ったおばあちゃんが帰って来た。
あれ?という顔をされていたが、「お風呂?」と。
入っていてくれてもということだったが、
初対面でそれもね。

141020-9.jpg

ふたつある湯船のうち、ひとつは激熱で、
さまし用となっている。
もうひとつは41度弱くらいの適温。

含硫黄-ナトリウム-塩化物泉。
硫黄分が濃いのかかなりの硫黄臭。
湯船はひとつしかないので混浴だが、
道には看板のひとつもないので、
ここを訪ねてくるのはよっぽどの温泉マニアくらいだろう。
当然のように誰もやってこないので、
しばし、時が止まったひととき。

141020-10.jpg

同じく西山温泉の「新湯」の前を通ると、
お食事処という暖簾がかかっている。
ひと風呂で昼食と思い訪ねると、
お風呂は掃除中とのこと。
あとで調べたら、ここの立ち寄りは、
難易度が高いらしい。

141020-11.jpg

食堂の部屋の片隅には洗濯物が干してあったりの、
なんともほっこりした空気のなか、
親子丼とラーメンを注文。

店を出ると暖簾が仕舞われていた。
今日のノルマ達成のなのか?
それとも、立ち寄り湯と同じくやる気があまりない?

141020-12.jpg

〆のあがり湯に「洲走の湯」へ。

141020-13.jpg

畑の中にポツンとあるここは、
湯量もちょろちょろだし、お湯に特出したものはないけれど、
あがり湯には最適。

たつみ荘のお風呂に入る目的で思い立って来た湯巡りは、
河原の露天風呂と季節限定露天風呂を大満喫しての大満足。

このあとは、今度こそは爪の垢を煎じて灯す生活を送る予定。
でも、11月末にはまた温泉の予定が入ってんだよなぁ・・

温泉 | 23:18:11 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
行ってますねぇ・・・
ったく、油断も隙もあったもんじゃないんだから^^!?
「ちょい、更新されないなぁ!」って思ってたら、案の定・・・。
実に羨ましい・・・。
老沢、よく日帰りで入れましたねぇ!?
私ゃ、一度だけ宿泊しましたが、その後、日帰りは
何度行ってもNGでしたよ・・・。
いや、でも、いいなぁ、本当に^^
私ゃ、ここんとこ稽古ばっか・・・嗚呼・・・。
はい、ご馳走様で^^
2014-10-21 火 18:50:46 | URL | はーふ・せぶん [編集]
やっぱ、行きすぎですね
怒濤の温泉行脚もこれまで、しばらく大人しくしています。
といいいつつ、年内にまた・・・・
それにしても、年々、渋いところがなくなっていきますね。
あるうちに、ってこともあっての怒濤というわけです。
2014-10-22 水 07:17:13 | URL | 温泉呑んべえ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する