FC2ブログ
 
■プロフィール

◉ 温泉呑んべえ

Author:◉ 温泉呑んべえ
at:東京・阿佐ヶ谷
favorite:温泉・酒・レトロ




▼リンク

どこにでもある風景
バーチャル神社

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

鉄と湯の旅1


06:36、東京駅からMaxたにがわ401号。
08:06、越後湯沢着。

140928-0-1.jpg

08:24、ほくほく線犀潟行に乗車。

140927-2.jpg

鉄旅のお伴はビール。

140927-3.jpg

トンネルの途中にある「美佐島駅」で下車。

140927-4.jpg

地上に出ると、何もない所にポツンと駅舎がある。

140927-5.jpg

この小窓から特急はくたかが通過するのを見る。
そのためだけに下車したのだが、
あっというまに通り過ぎて何だかわからない。

140928-0-2.jpg

09:58、直江津行に乗車。

140927-6.jpg

やっぱり、外はいい。

140927-7.jpg

11:04、直江津着。
タクシーで「門前の湯」へ。

140927-8.jpg

ナトリウム-塩化物泉の循環。

140928-0-3.jpg

12:03、富山行に乗車。

140927-9.jpg

トンネル内の駅「筒石駅」で下車。

140927-10.jpg

長い階段を上ると、

140927-11.jpg

駅舎があるが、周囲は辺鄙なところなので、
乗り降りする人も少ない。

140927-13.jpg

再び地下のホームに戻って、特急はくたかの通過を観る。
前はホームに出てど迫力の通過シーンを堪能できたそうだが、
とこかのおバカさんが列車に近づきすぎたため禁止に。
今は、ホームへの入口付近でしか見られなくなった。
それでも、通過時の風圧と臨場感はスゴい。

140927-12.jpg

昼食は地下の待合室で「鱈めし」。

140927-14.jpg

13:53、直江津行に乗車。
14:12、直江津着。

140927-15.jpg

寂れた駅前にうら寂れた呑み屋発見。

140928-0-4.jpg

14:50、妙高6号長野行に乗車。
二本木駅でスイッチバック観賞後、
15:36、関山着。

140927-16.jpg

送迎バスで燕温泉へ。

140927-19.jpg

まずは、温泉街から離れた山のなかにある、
混浴の無料露天風呂「河原の湯」へ。
硫黄泉の白い濁り湯。ぬるめの湯で自然のなかの湯浴み。

140927-17.jpg

さらに、温泉街のはずれにある「黄金の湯」。

140927-18.jpg

木立のなかにある無料の露天風呂。
含土類石膏泉。

140927-20.jpg

今宵のお宿は「花文」。
酒は持ち込OKにしたいただいたので、
ずらっと名酒が並ぶ。

140927-21.jpg

旅館料理はひさしぶり。

温泉 | 23:13:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する