FC2ブログ
 
■プロフィール

◉ 温泉呑んべえ

Author:◉ 温泉呑んべえ
at:東京・阿佐ヶ谷
favorite:温泉・酒・レトロ




▼リンク

どこにでもある風景
バーチャル神社

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

かみやと田中
つい最近判明したのだが、
阿佐ヶ谷のお隣、荻窪にも温泉があった。
その名も「武蔵野温泉 なごみの湯」。

あれ? 前に「湯~とぴあ」という施設はあったけれど、
あそこは天然温泉ではなかったはず。
聞けば、2012年5月「湯~とぴあ」の跡地に
日帰り温泉施設として生まれ変わったそうだが、
温泉は荻窪で湧いているのではなく、
三鷹市で湧いた源泉をタンクローリーで運んできているそうな。

ま、とりあえず入ってみましょう。

こういう施設のご多分にもれず、大浴場などは白湯のよう。
温泉は露天形式の湯船のみで、ナトリウム-塩化物泉(34.2度)。
東京特有の黒っぽい湯で塩味がする。

当然のごとく循環・塩素消毒だが、
塩素臭はそれほどしないので、ゆっくりくつろぐことはできそう。

自宅から一番近い温泉施設が、
今までは高井戸「美しの湯」だったのだが、
これで荻窪という隣駅にも温泉があることになった。
ま、値段が2000円もするので、
そうそう来ないかな。

140917-1.jpg

風呂上がりは施設内の食事処ではなく、
駅そばの「かみや」へ。
大衆酒場なのだが、
ここには浅草の「神谷バー」の電気ブランが置いてある。
神谷バーはいくつか暖簾分けをしていて、
ここはその内の一軒。

それほど、歴史は感じさせない店内だけど、
たまたま座ったテーブル席に、
昔の店の写真が飾ってあって、
その時代感は昭和30年代といったところ。
先代と思われる若者が赤ちゃんを抱いているが、
その赤ちゃんって、厨房のなかに立つおっちゃんなのかな?

140917-2.jpg

肉豆腐をチューハイで。

140917-3.jpg

もう一軒、大好きな酒場「田中屋」でも一杯。
ひさびさの訪問だけど、やっぱ落ち着く。

温泉 | 23:36:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する