FC2ブログ
 
■プロフィール

◉ 温泉呑んべえ

Author:◉ 温泉呑んべえ
at:東京・阿佐ヶ谷
favorite:温泉・酒・レトロ




▼リンク

どこにでもある風景
バーチャル神社

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

手作りの音
140816-2.jpg

本駒込の図書館へ。

予約していたCD、ホルガー・チューカイ「Movies」を受け取りに。
ホルガー・チューカイと聞いてピントくる人は少ない。
元CANのベーシストであり、
80年代NewWaveが華やかなころ、
サントリーのCMで「Persian Love」という、
ノイジーだけど美しい旋律の楽曲が使われていたので、
それを憶えている人はいると思うが、
かなりドマイナーなお人で、
サウンドコラージュを屈指した手法が特徴。

今でさえ、その手の音楽はごろごろ転がっているが、
コンピュータで音楽を作るなんてのは、
せいぜいクラフトワークか日本ではYMOくらいの時代。
手作業でテープを切り貼りして、
今でいうサンプリングをしていたのだから、
かなりのド変態でもある。

この手作りというのがまたよくて、
正確無比なパソコン作業にはない、
あたたかみがなんとも心地よい。
その当時はノイジーで聞きづらかったサウンドが、
今聴くとメロディアスなのは驚きだ。
テクノやトランスは、やけに無機質で
聴いていて疲れるが、安らぎさえ感じるではないか。
これはおそらく人間の情、というかムラが
音に反映されているからだろう。

ここはこうして、次はエイやって感じ。
そんでもって、どどーんといって、
最後はほにゃららっにフェイドアウト、
なんて感じで作ってたんだろうな。

この人のレコードは3枚が実家に置きっぱなのだが、
あとの2枚もひさびさに聴いてみたくなった。
その当時とはまた違った味わいで楽しめるに違いない。



図書館の帰り道、本郷三丁目によなげな店を発見。
開店は夕方からか、今度来てみよう。

とある日々 | 23:43:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する