FC2ブログ
 
■プロフィール

◉ 温泉呑んべえ

Author:◉ 温泉呑んべえ
at:東京・阿佐ヶ谷
favorite:温泉・酒・レトロ




▼リンク

どこにでもある風景
バーチャル神社

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

栗焼酎
昨夜の晩酌は、栗焼酎「古丹波 竹炭濾過」の水割り。
あては、刺身の切れ端盛、冷や奴、茹でブロッコリー。



「古丹波 竹炭濾過」は、全国でも数少ない栗焼酎だ。



近所の酒屋で見つけたのだが、
初めて呑んだ栗焼酎、けっこう気に入っている。

蔵本は、丹波栗、銀寄が名産の奥丹波にある、
清酒「小鼓」醸造元の西山酒造場。
栗の皮を剥いた後、
渋味を抑えるために約1年冷凍保存してから醸造、蒸留、
さらに3年以上熟成させるというこだわり焼酎ということ。

まろやかな口当たりで、
栗らしいほのかな甘味が独特の風味を醸し出している。
ロックでぐびぐび呑めるので、
すぐになくなってしまうのが玉の瑕か。

最近、さらに栗の使用比率を高めたという
「深山美栗」という銘柄に一新されたらしく、
ラベルも変更で400円くらい価格が上がってって、
つまり値上げってことなのね?

そういうわけで「古丹波」は生産終了となったそうだが、
ネーミングもラベルも「古丹波」のほうが断然いい。
「深山美栗」の味は気になるところだが、
一升瓶で約2600円は、毎日の晩酌にはちと高め。
「古丹波」があるうちに買っておくかな。


| 09:25:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する