FC2ブログ
 
■プロフィール

◉ 温泉呑んべえ

Author:◉ 温泉呑んべえ
at:東京・阿佐ヶ谷
favorite:温泉・酒・レトロ




▼リンク

どこにでもある風景
バーチャル神社

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

島温泉 3


今朝の朝食には娘さんの旦那さんが釣ってきたイカが並ぶ。
コリコリしていて旨い。

140519-2.jpg

朝10時過ぎ、6月で引退の大型船「かめりあ丸」で新島へ。
東京へ直帰しないのは、そこに温泉があるからしかたない。

小一時間で新島着。
東京行きの船の時間までは2時間くらいしかないので、
まずは、港から徒歩10分くらいのところにある「湯の浜露天温泉」へ。

140519-3.jpg

24時間無料で入れる混浴温泉。
混浴といっても水着着用で、ギリシャ神殿風といった
お茶目な造りだけど、
ナトリウム-塩化物強塩泉で泉温は79.8℃。
加水だけど、かけ流しできるほどの湯量がある、
正真正銘の温泉施設だ。

140519-4.jpg

平日の昼間とあって人はまばら、
一番ぬるめの海岸沿いの湯船で、
穏やかな海を見ながらのぼーっとひととき。

140519-5.jpg

そこからさらに10分ほど歩いて「まました温泉」へ。
公共温泉のここには砂風呂も併設されているが、
時間もないので砂風呂はパス。

140519-6.jpg

中くらいの湯船の内湯は、
ナトリウム-塩化物温泉で泉温は60.2℃。
高温のため加水だかかけ流し。

140519-7.jpg

展望のいい露天風呂は、
お湯に入ると景色が見えないのがいまいちだが、
腰掛けて涼みつつ楽しむ分には問題ない。

140519-8.jpg

せわしなく港にもどり、ジェット船で一路東京へ。
天気に恵まれたこともあって、船もまったく揺れずに無事帰還。
絶景と温泉を満喫の3日間であった。


温泉 | 23:35:10 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する