FC2ブログ
 
■プロフィール

◉ 温泉呑んべえ

Author:◉ 温泉呑んべえ
at:東京・阿佐ヶ谷
favorite:温泉・酒・レトロ




▼リンク

どこにでもある風景
バーチャル神社

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

愛が陥りやすい罠
今日も足が痛いので、一日部屋で過ごす。

iPhoneのメモを見ていたら、なにやら偉そうなことが書いある。
よく、思いついたことなどを書き留めることがあるのだが、
はて、初めて読むような気もする。
どこかのサイトからコピーしてきたものなのか?
検索しても出てはこない。
かなり以前に書いたものなのか?
記録は2011年9月10日とある。

読み返していると、内容も言い回しも、
いかにも自分が書きそうなことに思えてくる。
うん、そうか、そうだよなぁ、そのとおり、
なんて。

これはおそらく自分が書いたものだろう。
それにしても、こうしてまったく忘れていると、
まるで他人が書いたように思えてくる。
それって別人格みたいなものですごく客観的に見れるわけで、
新鮮な気分というより、
自分っていつもこんなこと思ってるの?みたいな、
あきれることのほうが大きい。


以下メモ


愛が陥りやすい罠は、執着心。

愛と執着を履き違えている人は多い。
例えば、生死を問わず、縁がはなれた人を愛するという行為は、
その人や過去の関係に執着しているにほかならない。
特に依存度が高いほどそれに陥りやすいといえよう。

真実の愛がもしあるとすれば、
俗世間でいう愛とはまったく違うかたちのものだろう。
それは、自分以外の存在を100%尊重し受け入れることだ。
何も求めず、何もかも今を受け入れたとき、
人は愛で満たされることだろう。
そこには、ほかに対象はなにも必要としない。

ところが、人は何か対象を通してのみ愛を感じられると誤解している。
それが異性であったり、肉親であったり、ペットであったり、
はたまた物であったり。
しかし、それらは愛でない、対象への依存であり、執着なのだ。

愛? そんな陳腐な言葉を使わないでくれ。
そんなものは存在しない。
あるのは、この瞬間であり、今なのだ。

それこそが己の正体そのものなのだ。


以上

こっぱはずかしいが、
他人が書いたようなものなので平気です。

酔っぱらいの戯言 | 23:00:26 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
けだし、名言であります!
2014-04-14 月 14:48:43 | URL | MQ~ [編集]
いやはや・・・
2014-04-16 水 11:09:30 | URL | 温泉呑んべえ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する