FC2ブログ
 
■プロフィール

◉ 温泉呑んべえ

Author:◉ 温泉呑んべえ
at:東京・阿佐ヶ谷
favorite:温泉・酒・レトロ




▼リンク

どこにでもある風景
バーチャル神社

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ゴジラのテーマ曲
140412.jpg

足が動かないので、部屋から一歩も出ずに過ごす。

やることもないので、ほとんど横になっていたら、
それはそれで眠れるもので、
昨夜から20時間ちかく寝ている勘定になる。

数日前に観た、
CSで録画しておいた「ゴジラ」一作目の
伊福部昭のテーマ曲が、
夢うつつの頭の中でループする。

今、ゴジラが襲ってきたら、
走るどころか歩けもしないので、
あっけなく踏みつぶされるにちがいない。

そういえば、東日本大震災の直後、
福島第一が爆発した直後に、
自分の腰もギックリと大爆発して、
放射能が襲ってきても走るどころか歩けもしないので、
もうどうにでもしやがれといった気持ちだった。
ゴジラも放射能の申し子なので、
何気にリンクしているなあと感心する。

例えば、地球最後の日なんてことになったとしたら、
例え走ったり歩いたりできたとしても、
どこに逃げても同じようなものだから、
今回のように歩けないときにゴジラが来たり、
放射能がやってきたりと同じことで、
もう、どうにでもしやがれという気持ちになるのだろう。

人間、あがいたりするのは、
何かしらの道が残されているからであって、
丸腰でお腹を空かせたライオンに立ちむかったり、
映画「エイリアン」の怪物が襲ってきたりしたら、
もう、どうにでしやがれという心境にもなるとは思うが、
袋小路でボブサップや白鵬が迫ってきても、
まだなんとかなると思うだろう。
そして何とかしようとじたばたあがいて、
結局、秒殺されてしまい見苦しいこととなるのだ。

あがかない。それを人は達観というが、
物事を達観するようになったらそれはそれで、
生きる意欲がないということで、仙人のごとく、
人としてこの世にいる必要はない。

さて、実際のところ、明日、足が動いたら、
ビッコをひいてでもどこに呑みにいこうか、
なんて考えているので、
今の状況は自分にとって
達観することでもないのかと思う。

とある日々 | 23:10:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する