FC2ブログ
 
■プロフィール

◉ 温泉呑んべえ

Author:◉ 温泉呑んべえ
at:東京・阿佐ヶ谷
favorite:温泉・酒・レトロ




▼リンク

どこにでもある風景
バーチャル神社

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

墓参り その2
父方の先祖の墓参りで奈良へ。

140401-0.jpg

先祖ゆかりの「吉野山 如意輪寺」へも寄る。
しだれ櫻が見事。

せっかく奈良まで来たので温泉にも。

140401-1.jpg

十津川方面にと思ったが、時間がかかりすぎるので断念。
途中にあった湯盛温泉「杉の湯」で手を打つ。

140401-2.jpg

大きめの大浴場

140401-3.jpg

川を眺める露天風呂も十分な広さ。

お湯は単純温泉の循環、消毒でたいしたことはないけれど、
露天風呂で風にあたりながらの湯浴みは、
思ったよりも気持ちがいい。

140401-4.jpg

さらに帰り道にあった、「かもきみの湯」。
ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物温泉の
加温、循環、消毒ありで、
やってくる客のほとんどが、じじばばという、
いかにもな大型日帰り温泉施設だったが、
唯一、露天エリアの最奥にあった5人くらいで一杯の湯船が、
源泉そのままを使用していた。

大浴場や大きめの露天を素通りして、
その湯船に最初にたどり着いたのは、
温泉好きの無意識のなせる技なのか。
そこだけ入って退散。

140401-5.jpg

うーん、このままでは帰れない。
帰り道で唯一まともそうな温泉を探すと、ありましたよ、
生駒にある「音の花温泉」。

140401-6.jpg

140401-7.jpg

でっかい内湯と露天風呂がかけ流し。
湯に体をすべりこませると、つるつる。
体をさするとつるつる。
何もかもがつるつるだ。
「つるつる、つるつる」と念仏のようにつぶやきながらしばし。

ナトリウム-炭酸水素塩温泉。大好きな重曹泉。
弱アルカリだけど、ph8.4だから、
あと0.1で弱じゃないという、1点で泣いた受験生のごとし。
しかも、重曹泉なのでつるつる度はph以上のものがある。

お湯は加熱循環で消毒だけど、
つるつるに免じてよしとしよう。

地元へ帰ってから駅前の鮨屋にでもと思っていたら、
今日は休み。
しかたないのでお隣の「王将」へ。

140401-8.jpg

長岡天神セットなる地元色ばりばりのセットを注文。
餃子、焼き飯or天津丼、蒸し鶏、スープ。
評価は調理人によって変動するので、絶対ではないが、
焼き飯がべちゃべちゃなのいで、ここはダメ店か。
王将は遥か昔は焼き飯もうまかったんだけれど、
ここしばらくはそんな店にあたったことはない。

餃子だけは工場直送なので、
焼き方さえ間違えなければ問題なし。

王将、餃子は旨いよ餃子だけはね。
(あくまで個人の味覚の範疇ですが)

温泉 | 23:27:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する