FC2ブログ
 
■プロフィール

◉ 温泉呑んべえ

Author:◉ 温泉呑んべえ
at:東京・阿佐ヶ谷
favorite:温泉・酒・レトロ




▼リンク

どこにでもある風景
バーチャル神社

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

今日は雨、靴がない
吉祥寺の「豊後」で友人たちと忘年会。

「豊後」はもとは井の頭線のガード下にあった、
渋くて落ち着ける酒場だったのだが、
幾年前に開発のために立ち退いて、そこから数分のところに移転。
新しい店は以前の哀愁な雰囲気がなくなってしまったが、
数年経って壁も汚れてきていい感じの呑み屋に復活していた。

131221.jpg

さて、熱燗をたらふく呑んで、
刺身やら鍋やらをたらふく食べて、
さて帰ろうとしたら足下がなんか変。
靴の履き心地が・・・友人のと間違えちゃったのかな?
って、みんな履いてるし。

え? さっき帰ったじいさん連中のひとりが間違って帰った?

お店の人はたまに来る客だから来たら言っておきますというが、
他人の靴を履くのはなんとも気持ち悪い。
たしかに見た目は似ているけれど、履いたらわかるだろ?
たぶん相手はぶかぶかだろうし、自分のほうが新し目だったのに。

まあ、酩酊していたらわからんかもしれんし、
自分にも見覚えがないともいえないので、しかたがない。

身に覚えというのは靴ではなく・・・
仲間内で温泉にいったときのこと。
ああ、いい湯だったねと脱衣所で服を着ていると、
あ。それ僕の、と自分が履いているパンツを指差す。
あれ?あれ?あれ?
同じようなチェック柄のトランクスだったので、
そう、仲間のパンツを間違って履いてしまっていたわけで。

これ、靴以上に気持ちが悪い。
むろん、間違われたほうが災難ではあるのだけれど。

それに比べたら靴くらいと、
自分に言い聞かせる年の瀬であった。

外呑み | 23:05:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する