FC2ブログ
 
■プロフィール

◉ 温泉呑んべえ

Author:◉ 温泉呑んべえ
at:東京・阿佐ヶ谷
favorite:温泉・酒・レトロ




▼リンク

どこにでもある風景
バーチャル神社

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

危険地帯
昨夜の晩酌は、芋焼酎「あか銀滴」のお湯割。
あては、ゴーヤ海老厚揚げチャンプルー。



motoGPのフランスGPの生中継を観ながらゴーヤで一杯。

レースは小雨で路面が濡れており、
さらには低温でタイヤがグリップしないので転倒者続出。
125CCと250CCで各十数人がころころ転んで、
まるで「いかに転ばなくて出来るだけ長い間走るか大会」のようであった。

バイクレースの転倒は観たくない。
転ぶと即生身なのでダメージが大きいからなのだが、
バイクに乗っている身にとっては人ごとに思えない。

でも、公道ならそのまま逝っちゃてるような転び方をしても、
サーキットは砂が敷かれたエスケープゾーンがあるおかげで、
見た目スゴい転び方をしても骨折程度で済む場合が多い。
ライダーたちも少々骨折しても
痛み止めを射って次のレースに出る強者ばかりで、
ライダーの肉体と精神力の強さは敬服に値する。

今回のレースは雨模様でスピードが低いこともあって、
転んでもコテッって感じのものが多く、
怪我をするほどの大転倒はなかったけれど、
プロ中のプロでさえ雨の日は、
限界を少しでも超えるとあっさりと転ぶ。

以前、雨の日にバイクに乗っていて、
交差点を右折しようとした時に
何故だか交差点の真ん中にマンホールの蓋があって、
その上に前輪が乗っズルっと滑ったことがあった。

スピードが出ていなかったので事なきを得たが、
もし転んでいたらそのまま反対車線へまっしぐら、
ってことにも。

サーキットには対向車も障害物もないので、
その辺は安全だけど、
公道はそれに加えて、未熟なドライバー、
交通法規を守らない(知らない)ドライバー、
精神的におかしいドライバー、
さらには命知らずな歩行者などなど、
仕掛け満載。

それらをかいくぐって目的地へ向かうなんて、
まるでテレビゲームのようなもんです。
テレビゲームなら1ゲームに3回くらいチャンスはあるけれど、
実際は1回こっきりなんで命がけ。
公道って、バイクに乗っている人たちにとっては、まるで肝試し。
いや、この世で一番危険な場所ですな。





家呑み | 10:10:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する