FC2ブログ
 
■プロフィール

◉ 温泉呑んべえ

Author:◉ 温泉呑んべえ
at:東京・阿佐ヶ谷
favorite:温泉・酒・レトロ




▼リンク

どこにでもある風景
バーチャル神社

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

まさかの激渋酒場


長岡の花火を観に。

長岡駅から花火会場へ向かおうと駅前を歩いていたら、
ぼろい雑貨店がある。
通り過ぎてふと振り返ると、
角を挟んでつながるぼろい建物に暖簾がかかっている。
「酒小屋」?

扉が開いているので中を覗くとカウンター。
これは!激渋酒場だ!
素通りなんてできません。

暖簾をくぐるとかなり年期の入ったというか、
小汚い店内は8人くらいが座れるカウンター、
そして『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に登場する、
エメット・ブラウン博士似の主。

メニューを見るとビール、お酒の二択しかなく、
カウンターの向こうの大鍋には煮込みらしきものが。

ビール大瓶600円と煮込み340円を注文。

130802-2.jpg

これは!

旨い。じっくり煮込まれたモツにこんにゃくと豆腐。
東京・駒沢の「かっぱ」ほどではないが、
なかなかのものだ。

どうやらつまみはこの煮込みしかない様子。
客層はほぼ常連さんみたいだが、
あとから来たおっさんはビールを注文したあと、
つまみのメニューがないので戸惑っていると、
有無を言わせず煮込みが登場。
つまり、ここは煮込み屋みたいなものなのだ。

それにしてもこの佇まい。
新幹線の停まる駅から徒歩数分にあること自体、
奇跡のような酒場である。
こういうのに思いがけずに出会っちゃうから、
知らない街を歩くのは楽しい。

で、花火。

130802-3.jpg

さすがに日本三大花火のひとつとあって、
素晴らしい。

激渋酒場と花火。至福の一日。

外呑み | 23:23:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する