FC2ブログ
 
■プロフィール

◉ 温泉呑んべえ

Author:◉ 温泉呑んべえ
at:東京・阿佐ヶ谷
favorite:温泉・酒・レトロ




▼リンク

どこにでもある風景
バーチャル神社

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

蟹ですけど何か
130708-1.jpg

新橋で用事があったので、
その帰りにお手軽に目についた居酒屋で一杯。

渋谷にもお店がある、お魚系の「○○食堂」。
せっくだからと、お店の名前が漁獲地でもある花咲蟹を一杯。

130708-2.jpg

店員さんがほぼ中国の留学生。
お会計時に言われた金額より実際は安くて、
日本語の発音が曖昧だから勘違いしたわけだが、
何となくお得な感じになったのはいうまでもない。

そうはいっても、それが別に安いわけでもなく、
やや高い感がいなめなかったのが、
もっと高い金額を最初に聞いていたから、
安く感じただけの話。

よくあるのが、服の値札。
タグの価格の上に値札シールを貼って、
特別割引でお得感を演出しているが、
あんなものダグの値段はあくまでフェイクで、
シールの値段で儲かるように仕入れているだけのこと。

だって、売り上げがなければ商売成り立たないでしょ。

まあ、世の中の商品の原価をみんなが知ってしまったら、
ばかばかしくなって、ほとんどの商売は成り立たなくなってしまう。
反対にいえば、きちんと儲けがでない商売は商売ではない。

呑み屋の場合は、だいたい原価は知れたものなので、
安く呑むには家呑みしかできなくなるんだけど、
それでも呑み屋にかようのは、その価値が酒を呑む行為だけではなく、
酒の豊富さだとかつまみの旨さだとか、
接客だったり店の雰囲気などに付加価値があるからで、
いわゆるサービス業みたいなものだから、
少々割高でもそれに見合うものがあれば文句はない。

で、「○○食堂」なのだが、ちょっと高いんじゃないかな、
というのが正直なところで、すなわちそれは、
もう行かないということになるのだな、これが。

外呑み | 23:53:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する