FC2ブログ
 
■プロフィール

◉ 温泉呑んべえ

Author:◉ 温泉呑んべえ
at:東京・阿佐ヶ谷
favorite:温泉・酒・レトロ




▼リンク

どこにでもある風景
バーチャル神社

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ひさびさはしご湯旅 3
130325-3.jpg

朝10時にチェックアウトして、
湯の浜温泉「上の湯」共同浴場へ。

以前は円形のコンクリ造りの味のある雰囲気だったらしいが、
建物は改築されており、
湯船も新しくてきれいになっている。
熱めの湯で45度くらいはありそう。

130325-4.jpg

戻る道すがらにある由良温泉の共同湯へ寄るも、
午後3時からということで断念して、あつみ温泉へ向かう。

130325-1.jpg

共同湯の正面の湯へたどり着もクルマを置く場所がない。
たまたま湯から出てきたおばあちゃんに尋ねると、
そこの駐車場の空いてるところに置けばよいとのことだが、
どう見ても温泉の駐車場っぽくはないが・・

するとそのおばあちゃん、
私の置いているところに止めなさいと、
そこは駐車場の端っこで道との境目の場所。
この絶妙なスペース、ばあちゃんのとっておきの場所なんかな。

130325-0.jpg

それにしてもクルマを運転して温泉通いって、
やるな、ばあちゃん。

昨日走った快適な海沿いの道を戻り、
陸に進路をとり湯沢温泉の共同浴場へ。

130325-9.jpg

茶褐色に変色した湯船。
ひとりぽつねんと湯につかる至福のひととき。

130325-10.jpg

さらに近くの雲母温泉には激渋の共同湯がある。

130325-5.jpg

2人できちきちの湯船は、完全に地元仕様。
100円をカゴにいてれて入れてもらう。

130325-6.jpg

そんで〆は同じく雲母温泉の上関共同浴場。

130325-7.jpg

ことらもそれなりに渋く、
入口にある料金箱に100円を投入すると、
おもむろにブザーがなる仕組み。
管理人は常駐していないので、
これになんの意味があるのかわからないが・・
ブザーなしで中に入ると先客に撃退されるのかな?

130325-00.jpg

お湯は熱めの44度くらいか。
きりっとして、ここをあがり湯とした。

温泉 | 23:40:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する