FC2ブログ
 
■プロフィール

◉ 温泉呑んべえ

Author:◉ 温泉呑んべえ
at:東京・阿佐ヶ谷
favorite:温泉・酒・レトロ




▼リンク

どこにでもある風景
バーチャル神社

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

どこにでもあるようでどこにもない酒場♯2
hisago.jpg

「ひさご」は、伊東駅から海方面に伸びる商店街から、
ちょっとはずれたバス通り沿いに佇んでいた。

暖簾をくぐると、年配の女性が二人で切り盛り。
カウンター8席くらいとテーブル席が2卓。
ちょうどカウンターが数席空いていたので、そこに滑り込んだ。

もつ焼きに焼き魚など、おつまみの種類は多くはないが、
外観から想像通りの店内の雰囲気。
これが最高のつまみとなる。

瓶ビール、のち熱燗。
もつ煮込み、もつ焼き、みりん干しでしばし。

近ごろの酒場ブームで、こういう渋めの酒場は、
こと東京に限っては洗いざらい本などに紹介され、
酒場巡りが、まるでガイドブック片手の
観光地巡りのようになってきて久しい。

でも、街を歩いていてふと見つけた気になる店で一杯する。
それこそが酒場巡りの醍醐味なのだ。
ネットやマスコミで仕入れた情報をもとに、
その情報を確かめるような酒場巡りは、
たんなる情報の確認でしかない。

地方にはまだまだこういう名もなき良店が残っている。
いや、実は東京にもまだまだこういう店は潜んでいるのだ。
マスコミに出たというだけの価値しかない店よりも、
紹介されそうもないけど自分で見つけた店の方が、
何倍も楽しいのである。

スポンサーサイト
どこにでもありそうでどこにもない酒場 | 16:53:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ