■プロフィール

◉ 温泉呑んべえ

Author:◉ 温泉呑んべえ
at:東京・阿佐ヶ谷
favorite:温泉・酒・レトロ




▼リンク

どこにでもある風景
バーチャル神社

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
どこにでもあるようでどこにもない酒場♯7


小岩にある定食と中華の「サンゴ亭」。

ご飯処なのだが、ご覧の通りの酒場テイスト。
お昼時以外は客も呑みモード。
通し営業なので、昼酒にはもってこいの店だ。

中華を筆頭に和食洋食系で一杯やれる。
昼からとことん一杯やれる。

ここでウォーミングアップをしてから、
夕方から小岩の酒場に繰り出す。
もしくは、はしご途中に軽く1杯。

なかなか、使い勝手のいい店なのである。

スポンサーサイト
どこにでもありそうでどこにもない酒場 | 09:33:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
どこにでもあるようでどこにもない酒場♯6
foram.jpg

本駒込の「フォーラム」。

たまたま、前をバスで通って気になっていたので、
後日に訪問。

名前の洗練さとは完全ミスマッチなな外観。
中も同じで、おばあちゃんがひとりで切り盛り。

入り口近くに、お年寄りの歩きのお供のショッピングカートが
置いてある。
案の定、足がおぼつかない。

常連のおばちゃんが、おばあちゃんと話す声がやたらでかい。
案の定、耳が遠い。

でも、ええ感じ。

小一時間飲んでお会計というと、
もういいの?と。
また近くにきたら来ますと伝えるも、
おそらく聞こえてないかも。

どこにでもありそうでどこにもない酒場 | 08:30:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
どこにでもあるようでどこにもない酒場♯5
iwaki.jpg

赤土小学校前という、どマイナーな場所にある「いわき」。

60歳代と思われるご夫が切り盛り。
8人くらいのL字型カウンターにテーブル席2卓、奥に座敷。
汚寂れ系の昭和な雰囲気。

料理はどれも大盛りで味もそこそこ。
完全地元密着系だけど、まあまあ居心地はいい。

先に梅干しハイをのんで、そこに酎ハイをたしてもらおうとしたら、
怪訝そうな顔。
出てきた酎ハイは黄色系だったので、
普通は梅干し入れないからそういう態度だったのだが、
二度目に入ったときも同じことをしてしまい、
また怪訝そうな顔。

次は、覚えておこう。

どこにでもありそうでどこにもない酒場 | 08:25:28 | トラックバック(0) | コメント(2)
深酔い


浜松町の「秋田屋」で一杯ひっかけてから、
歩いて10分くらいにある三田の「鹿島屋」へ。

老姉妹が営む古びた酒場。
酎ハイは黄色でしかも焼酎濃度が高い。

看板メニューの煮込みは串刺しで、
お味はというとこれが絶品。
東京3大煮込みやら5大煮込みやら。
10大煮込みにすらランキングされていないが、
5大煮込みは食べた自分的には、トップクラスではないだろうか?

ひや酒1合に酎ハイ2杯。
2杯目の酎ハイを呑んでいると、ふとクラっとする。
やばい深酔いそうだ。
こういう感覚は久しぶり。

やっぱ濃い。




外呑み | 11:23:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
呑むこと以外なら温泉に行くしかない


見沼天然温泉「小春日和」は、北浦和駅から送迎バスで20分ほどで着く。

お風呂はすべて源泉かけ流し。
ナトリウム-塩化物強塩、泉温38.4℃。
これがそのままかけ流された浴槽と、加熱された浴槽が、
内湯と露天にそれぞれあって、特に露天は広めでのんびりできる。

結局、約二時間の滞在中のほとんどを、
露天のぬる湯で過ごした。
ぬる湯で長湯、たまりまへん。

kimuraya2016.jpg

帰りに駅から歩いて5分くらいのところにある、
昭和な洋食屋「キムラヤ」でビール。

この一杯、たまりまへん。

温泉 | 11:18:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
呑むことしかすることがない
ここのところの多忙の日々もようやく落ち着き、毎日が日曜日。
ボーっとしていてもしかたがないので、呑みに出るしかしかたがない。



一昨々日は久々に山谷の名酒場「大林」で一杯。

時間は午後4時前、扉を開けるとアレ?なんか違う。
窓際に4卓あったテーブル席がすべてなくなっている。
土間が大きくぽっかり空いた空間には、ストーブが置かれているが、
かつてそこにあった古い椅子とテーブルが醸し出していた、
なんとも昔ながらの雰囲気が消え失せていて、
この店の独特の昭和な佇まいが薄まった気がした。

親父の心境の変化なのか?
まさか、もう店を閉める流れに入っているのだろうか?
注文のときにテーブルのことを聞いてみたが、
無骨な親父は「そう」とひと言。
真相は闇のなかだ。

先客は一人客が4人。
相変わらずのしーんとした静寂のなかで、
ただただ酒とつまみと、凛とした空気を味わう。
この貴重な時間もいつまで味わえることだろうか?

まあ、いいや。今この瞬間を楽しめば。
物語には終わりはつきものなのだから。


oogasi.jpg

一昨日は、こちらも久々に神田の「大越」へ。

昼前の11時からやっている。
いつもは早くても3時くらいに来るが、
今回は11時半と開店間もないころから一杯だ。

入ると店のおねいさん(おばちゃん)から「呑みますか?」と声がかかる。
はいと答えると一番奥の席に通された。
席からは100人くらいは軽く入れそうな広めの店内を見渡せる。
この店はランチをやっているので、ちょうど昼時、
やってくるのは昼食をとるためのサラリーマンがほとんど。

ランチはレジで注文する仕組みになっているようで、
客はみなさんまずレジに向かう。
はて? おねえさんたちは「呑みますか?」
なんて言葉は誰にもかけていないぞ。
まあ、スーツ姿だからかなと思いきや、
そうではない服装の人にも声がけはない。

そうこうするうちに、一人奥の席に通された客がきた。
ランチではなく呑み客だ。
彼は声をかけられたのだろうかは定かではないが、
何故に自分は一発でランチではなく呑みだと見破られたのだろうか?
呑む気満々でニコニコしながら入り口をくぐったのか?

まあ、いいや。店の一番奥の席から、真面目に働く人々に
「ごくろうさん」とつぶやきながら呑む酔っぱらいが、
ぽつんといる図は、なかなかのものである。


hujiya.jpg

昨日は、用事で渋谷に出て、こちらも久々の「富士屋本店」。

駅近にあって昭和な大衆立ち呑み屋のここも、
かつてはおじさんワールドであったが、
近ごろの酒場ブームでいろんな媒体に紹介されて、
ごくごく普通?の人たちで満杯だ。

そのほか変わったことは、
顔に覚えのある店員さんのひとりがいなくなって、
新たな人が2人増えていることと、
テレビが2台になっていたことだけ。

とはいっても、やはり店内の雰囲気は少し違う。
いい意味での毒が少し薄れたような気がする。
なんだろう? 毒々しい活気がなくなったというか、
やはり、かつての年配客のもつエネルギーに比べて、
今の客層は人間として淡白になったということだろうか?

まあ、いいや。この店も客も変化していく。
流れる時に身を任せて、漂うように酔えばいい。

外呑み | 10:02:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
どこにでもあるようでどこにもない酒場♯4
sanzengoku.jpg

飛鳥山に夜桜を見に行こうと、
都電荒川線の飛鳥山駅のそばを通ると、あった。
いかにもB級酒場の香りがする酒場が。

壁には「大衆酒場」の文字、暖簾には「三千石」とある。
外から中はうかがえないが、扉に花見用の焼き鳥の案内がある。
焼き鳥でも買っていくかとおもむろに扉を開けると、
まさしくB級の雰囲気だ。これはいい。
女将さんに手で呑む仕草をすると、
唯一空いていたテーブル席へ案内された。

店内はご近所さんとおぼしき常連さんでほぼ満席。
ほとんどがおじさんおばさんで、
和気あいあいと呑んでいらっしゃる。

常連さんだけの排他的な店かというとそうでもなく、
いい意味でほっておいてくれる雰囲気で、
どうぞ呑んでいってねという暗黙の了解のような空気が流れている。
得てしてこういう常連オンリーの店は居心地が悪いものだが、
この店は逆に落ち着けるという珍しいパターンだ。

酒の値段は普通くらい。
つまみはホワイトボードに30種類くらいが並んでいて、
300〜400円台でお手頃価格。
テーブル横の壁に貼り紙があり、メニューかと思いきや
「囲碁、将棋が終わりましたら必ずかたずけてください」とある。
その横を見ると、盤は見当たらないが碁石や将棋の駒を入れる箱が、
所狭いと積んであるが、呑みながら打つ客がいるのだろうか?

それよりこの店の特長は、おかみさんの出で立ちだ。
初老にかかろうかというご婦人ではあるが、
化粧も服もど派でで、居酒屋には似つかわしい、
まるで場末のスナックのママのよう。
カウンターにはご主人と思われる写真がさりげなく飾ってあるので、
おそらく亡き親父さんのあと、ひとりで店を切り盛りしているのだろう。

それにしても、オンボロの店内なのに雰囲気が明るい。
芸能人にやけに詳しいおじさんがテレビにつっこんみを入れたり、
それにまたツッコミが入ったりで、
各々の席で常連さんたちの笑いが絶えない。

そんなやりとりを聴きながら小一時間のひととき。
さて、そろそろ桜を見にいくかとお勘定をして店を出ようとしたら、
「おつかれさん」と笑顔の常連さんの一人から声がかかる。
まあ、見るからに花見客が紛れ込んできた感じだったので、
そう言ったのかもしれないが、
ほったらかしているようで一見客の存在も気に留めていたようで、
なんとも、あったかい気持ちになる。

下町酒場とかだと、常連さんが一見さんをかまってくれる店も多いが、
こうして邪見に無視するでもなく、
かといって積極的にかまってくれるわけでもない、
どうぞ俺たちの店で楽しんでいってね、というのもいいもんだ。

どこにでもありそうでどこにもない酒場 | 16:16:59 | トラックバック(0) | コメント(2)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。